Dec04th

HRKSS

Top / HRKSS

HRKSS


718 :名無しくん、、、好きです。。。:2013/11/28(木) 05:17:46.65 ID:7qzcgWB5YYIはしっかりしてるゾ

真夏の夜のMS01 ボーナストラック 

HRK「YYIはうっ↑うー↓って挨拶するのどうしてですか?」
YYI「体がうずうずしてきらオルルァって言う感じになります(無敵)」
HRK「おぶぇ!」
YYI「デートに誘われるとしたらどんなせりふでさそってほしいですか?」
HRK「ファッ!クゥーン」YYI「(あくしろよ!)」
HRK「HRKちゃん君の瞳を盗ませてくれないか(激寒)とか(弱気)」
YYI「殺されてぇかお前。うっうーの事本気で怒らせちゃったね」
HRK「どんな男性が好みですか?今度は降参かなー?」
YYI「君みたいな可愛いねぇ、この悶絶顔が大好きなんだよ(迫真)」
HRK「うん(タメ口)」
YYI「HRKさんは765プロの誰と付き合いたいですか?」
HRK「私には選べないから降参。引き分けかな?」
YYI「仕事何しにきたんだ?」
HRK「自分を売りに来ました(仕事)」
YYI「 お前を芸術品にしてやるよ(CDのお仕事)」

二人はボーナストラックを取り直して終了


一行HRKシリーズ
803 :一行HRKさん:2013/11/28(木) 21:16:03.69 ID:1KtMUBKL
一行HRKさん~前編~   初ヤンデレです

IKMN「じゃOR、HBK送って帰るから(何万回と見た光景)」
HBK「あっ・・・(雌の目)
SS兄貴「あああああああもうやだあああああ(発狂)」
「――SS兄貴さん!一緒に帰りましょう!一緒に!――」
SS兄貴「こんな気持ちになるなら花や草に生まれたかった(KMOT並感)」
――あ、まただ。HBKちゃんに惚れてるSS兄貴さんはいつもこの繰り返し。いつもは返事を返してくれるのに決まって私の返事は届かない――。
SS兄貴「でも今度こそは遊園地のペアチケットを手に入れたから今度こそ二人でデートして振り向かせなきゃ(使命感)
――そんなことやったってかんけーし。HBKちゃんはIKMNさんが好きなんだ。でも、HBKちゃんはSS兄貴さんを友達として見てるだけだから絶対に届かない。だからこそ残酷なんだ――。

HBKちゃん。
HBK「ん、なあにHRK(無垢)」
「――あのさ、HBKちゃんさ、前からず、ずっとSS兄貴さんと遊んでるけどさ、一緒に居るIKMNくんをチラチラ見てるよね?」
HBK「い、いや見てないゾ」
「――嘘だよ。絶対見てるよ。HBKちゃんみたいなかわいい女の子がSS兄貴さんの心を弄んで女の子として聡しくないの?――」
HBK「友達として遊ぶ事のなにが悪いのか自分は理解に苦しむゾ。もしかしてSS兄貴がHRKの言う通り自分が好きなように見えてるとかHRKの意識過剰なんじゃないか?」
――プチッ。そう、HBKちゃんが純粋なだけに。SS兄貴さんの純粋な気持ちに気づいているだけに、だからこそ私は許せなかった――

バァン!!

――気づいたら私は無意識にHBKちゃんをブン殴っていた。HBKちゃんの無垢な気持ち。私を見てくれないSS兄貴さんへの気持ち、いろんなモノがごちゃまぜになっていた――。

HBK「おっぶぇ!?ねぇホント無理無理無理!!!HRK、やめてよ本当に!――ん?HRKが泣いてる・・・?ひょっとして・・・HRKって・・・SS兄貴の事が好きなのか・・・?」 

バァン!バァン!バァン!

――うるさいうるさいうるさいうるさい!その無邪気がムカつくんだ!どうしてHBKちゃんはそんな悲しそうな顔をして私を困らせるんだ!――

SS兄貴「何やってんだお前らァ!」

――あ。――

SS兄貴「みろよぉHRKァこれぇ!?この無残なHBKの姿をよぉ!?」
HBK「H、HRKは精神状態おかしくなってるだけなんだゾ・・・SS兄貴はHRKを怒らないでほしいゾ・・・」
SS兄貴「あぁ!_?もうHRKは出て行け!出て行けと言っている!お前みたいな3流アイドルの顔なんて見るのもゴメンだ!」

――あ、もうダメだ――

わたしの、心こわれる。

――それから、SS兄貴さんは一切私に返答してくれなくなった。――

そしていつしか、私は一行HRKさんと呼ばれるようになった。

一行HRKさん(前編)終


一行HRKシリーズ
875 :一行HRKさん:2013/11/29(金) 16:33:32.87 ID:sUCAX2YI
一行HRKさん~中編~

HBK「はいはい暗い暗いドントCRY!SS兄貴もHRKを許して差し上げろ」

SS兄貴「まぁOR達仲間だしな隊長?」

――私がHBKちゃんを殴った次の日、HBKちゃんのとりなしで私達は元の仲間に戻ったように見えた――表面上は。――

HRK「あっ!ORさん扉の前で何してるんですか?早く入りましょうよ!」

HRK「見たけりゃ見せてあげますよ!(震え声)」

HRK「ラブトゥギャザー!ラブトゥギャザー!」

――でも一度レイプされた人間の心が一生癒えることは無いのと同じように、SS兄貴さんは、HBKちゃんが絡むと私が見えてないようだったけれど、それからは一切私をシカトするようになった。それどころか、憎悪の目を――

「――SS兄貴さん・・・SS兄貴さん・・・――」

――でも、私はその憎しみの目でさえ嬉しかった。今までは私の事を意識さえしてくれなかったのに今ではHBKちゃんがいないところでは私の事を見てくれている。――

「――おぉん。あぉん。ぃきすぎぃいくいく。んあっーーーーーー。」
 
――私はその憎しみの目が強くなるほど、時が経つほど、シコザルのように毎晩オナニーをした。やがて物足りなくなって。SS兄貴さんの香りがほしくて。ついにはSS兄貴さんの出したゴミに手を出すようになった。――

――ちがう、ちがう、ちがう、これじゃない。これも違う。ガサゴソ。ガサゴソ。

「――スゥーーーーー。ハァー。ハァー。サスサス。」

――あった。SS兄貴さんの一番強い香りが残ったティッシュ。なめたい。しゃぶりたい。あ、もしかしてこれを私のおまんこに入れればSS兄貴さんとエッチしたことになるのかな・・・

「――ふぅん!ほぉん!SSあにきさんゆるして、おまんここわれる。おまんここわれちゃーう・・・――」

HBK「ん・・・あれは、HRK?ゴミ捨て場から誰かのゴミを持って帰っているのか・・・ってえ、何それは!?」

IKMN「SS兄貴遅いな。遊びに行くからって家の前で待ってるのに。」

SS兄貴「お待たせ!ちょっとゴミ(意味深)溜まちゃっててさぁ~これでヘーキヘーキ」

HBK「!!!!!」

一行HRKさん――中編END


一行HRKシリーズ
145 : 名無しくん、、、好きです。。。[sage] 投稿日:2013/12/02(月) 19:36:54.07 ID:FEey/Rkd [2/8回]
一行HRKさん――後編

SS兄貴「ぬわあああん遊んだもおおおん(と、言っても今日はHBK元気なかったんだよなぁ・・・ORの事をチラチラ見てくるし・・・自分告白いいすか?)」

IKMN「お、もうこんな時間か、HBKどうする?送っていくけど」

HBK「IKMNくん申し訳ないけど今日はちょっとNGだゾ。SS兄貴話があるから残ってくれゾ」

IKMN「あ、そう?じゃあ俺は実は夜仕事の用事あるんだよね。じゃあ二人ともお疲れ。」

SS兄貴「お疲れナス!(キタ!キタ!キタ!キタなぁ!?完璧に告白タイムだってはっきりわかんだね、IKMN兄貴、これって・・・寝取りですよぉ?)」

HBK「SS兄貴、HRKとはやっぱり仲直りしてなかったんだね。自分も薄々は気づいてたゾ・・・すべて自分のせいだゾ・・・HRKの気持ちもSS兄貴の気持ちも分かっていながら・・・」

SS兄貴「・・・あぁ、避けてたよ、仲間をボコボコにするやつなんて信じられないってそれ一番言われてるから。でも、ORとHRKの関係なんてHBKには関係ないダルルォ?(あーつまんね、期待したORが死ぬほど恥ずかしいわ)

HBK「HRKはね!SS兄貴のことが好きだったんだよ!」

146 : 名無しくん、、、好きです。。。[sage] 投稿日:2013/12/02(月) 19:38:15.42 ID:FEey/Rkd [3/8回]

SS兄貴「!!・・・・・・は?(威圧)なんでHRKがORの事を好きだとHBKを殴る必要なんてあるんですか(正論)」

HBK「HRKは・・・SS兄貴が自分を好きな事に気付いてたんだゾ・・・ずっと前から・・・その態度がずっと気に入らなくて・・・
HRKと四人で遊んでた頃も考えてみればSS兄貴はずっとHRKに話しかけようとしてなかったし・・・まさかSS兄貴が自分を好きだとは思ってなかったから・・・」

SS兄貴「・・・なんのこったよ」

HBK「HRKはゴミまで漁って・・・SS兄貴の事が好きで・・・求めて・・・そこまで思い詰めて・・・」

SS兄貴「・・・だから話が見えねぇっていってんじゃねーかよ!・・・なんでHRKがORのゴミなんて漁るんだよ!キチガイか何か!?」

HBK「だからね!HRKはついに爆発しちゃったんだよ!みんなとライブの練習ができなかった時みたいに!だから自分を許せなくて!殴って!
お願い!なんでもする!SS兄貴とも別れる!だから・・・だから・・・HRKを許してよ!HRKを助けて・・・」

SS兄貴「!!!!!!!!」

HBK「お願いだぁ・・・お願いします・・・なんでもしますから・・・」

SS兄貴「HBKが悪いんじゃない。悪いのはORだよ。HBKは何も悪くない。ゴメンな。絶対にHRKを元に戻す。仲直りする。HRKは今どこだ!HRK、HRK、HRK
ァァァァァァァァ!」

HBK「あ・・・行っちゃったよ・・・・はええよぉ・・・でもいつもと違ってカッコ良かったな・・・」

147 : 名無しくん、、、好きです。。。[sage] 投稿日:2013/12/02(月) 19:40:09.87 ID:FEey/Rkd [4/8回]

――公園。

「――なにやってんだ私・・・こんな事したって、もはやSS兄貴さんのところに帰る場所なんてないんだよ・・・こんな事になるなら花や草に生まれたかった。
エヘヘ・・・SS兄貴さんと一緒。一緒ですね私達。好きな人とは絶対に結ばれない――」

SS兄貴「――HRK、探したよ。運命の出会いって信じるかい?」

――嘘。どうしてここに、なんでこの場所が分かるの。違う。どうして・・・はなしかけてくれたの。――

SS兄貴「ずっと前は・・・HRKがクッソ音程取れてない歌をこの公園で歌ってたよな・・・今では歌も上手くなって・・・音痴だって言われなくなって・・・やっぱりここにいたんだな・・・」

――ガバッ。

「どぼじで私に話してくれるんですかぁぁぁ・・・ここにいてくれるんですかぁ・・・SS兄貴さん・・・ごめんなさい・・・ごめんなさい・・・」

SS兄貴「ごめん・・・ずっと見てくれてたんだなHRK・・・あれORも泣けてきちゃったヤバイヤバイ・・・」

うわーん――。
うわーん――。
うわーん――。

148 : 名無しくん、、、好きです。。。[sage] 投稿日:2013/12/02(月) 19:40:55.44 ID:FEey/Rkd [5/8回]

IOR「で?結局HRKとSS兄貴は付き合ったワケ?」

IORSS兄貴「ウッソだろIORNwwwwアイツがHBKの事諦めるワケないじゃんwww」

IOR「は?(威圧)なんの解決にもなってないじゃない(憤怒)」

IORNSS兄貴「まぁいいんじゃない?(適当)アイツも未だにHBKHBKうるせーし4馬鹿でつるんでる時もHRKちゃんの事シカトしてるけど、HRKちゃんの目の色も戻ってたし。」

IORN「これもうわかんないわね(落胆)」

IORNSS兄貴「HRKちゃんも、いずれは絶対に振り向かせてみせます!→やっぱりHBKちゃんには勝てなかったよ・・・って繰り返してるアイツと変わんねぇんだよなぁ・・・まぁOR達は相思相愛だけどな!」

IOR「あっ・・・(雌の目)」

IORNSS兄貴「構わん!H行こう!」

――一行HRKさん――終

  • 149 : 名無しくん、、、好きです。。。[sage] 投稿日:2013/12/02(月) 19:44:07.77 ID:vgMdbZEZ [1/1回]
    ディ・モールト ベネ(申し訳程度の称賛)
  • 150 : 名無しくん、、、好きです。。。[sage] 投稿日:2013/12/02(月) 19:45:59.68 ID:EAarhv/B [3/8回]
    HBKSS兄貴はクズなんだからもっと痛い目に合わして、どうぞ



154 : 名無しくん、、、好きです。。。[sage] 投稿日:2013/12/02(月) 19:56:39.31 ID:FEey/Rkd [7/8回]
プルルル――
プルルル--
ガチャ。

「――どうだい?IKMN君。HRKとSS兄貴はどういう決着を見たのかな?」

IKMN「――元鞘に収まりました。しかし・・・どうして自分を使ってまで、ワザワザ4人の休日スケジュールを合わせてまでHRKちゃんを崩壊寸前まで追い込む必要があったのですか?」

「――君も分かっているだろう?HRKはアイドルの中のアイドルだ。雛のような彼女は崩壊寸前まで追い込まれ・・・復活する。そしてその輝きこそが美しい。――。」

IKMN「――は。しかし我が親友のSS兄貴は貴方に殺されるかと思っていましたが、さすが我が親友。見事に回避しましたね。」

「――あ、やっぱりわかっていたか。そうだね。HRKが彼と付き合っていたとしてもHRKはあくまである意味孤高でいなければならない――彼には死んでもらっていたよ。まぁ、無いとは思うけどHBKが彼に落ちていれば君を殺していたよ――。」

IKMN「お戯れを――。」

「――アハハハハ!!!!!!ORがSS兄貴を解体して終わりだと思っていたのに彼は!いやHRKも実に素晴らしい!パンパンにORも・・・・・勃起しているよ・・・・」

IKMN「まったくなんてお人だ・・・」

IKMN「AKBNP様。」

ジャンジャンジャン!チャーチャーチャン!(MGS程度のAKBNP要素)


167 : 名無しくん、、、好きです。。。[sage] 投稿日:2013/12/02(月) 21:45:21.73 ID:gyQI6NfV [3/3回]
空手部 HRKの裏技

~一行HRKを読んで~
YJ「何でこんなにキツイすんかねぇ、殴りたくなりますよ~HBKとIKMN」
HRK「そうだよですよそうだよ(便乗)」
KMR「ウフフッ(笑)」
MUR「お、おい待てぇい、肝心な所を忘れてるゾ」
MUR「屑なHBKをいつまでも気になるSS兄貴もどうかと思うゾ!所詮まだHBKもHRK良くも悪くも子供だゾ!
どうすっかなぁ俺もなぁ(YYIすき)」
KMR「わかりました、、、。」
YJ「落ちたな!」
MUR「お、HRKも結構洗い方うまいじゃん」
HRK「この瞬間が一番「アイドルなんだ」つて思うんだ」
KMR「やめてくれよ(絶望)」
YJ「(ストレス)溜まってんなぁ、おい」
CUSK「上がったらもやしすっかね?」
MUR「そうだなー」
YJ「たぶん冷えてますよー」
CUSK「ばっちぇ炒めてますよ」
HRK「手作りお菓子ィ」
YYI「肉なんて必要ねぇんだよ」

勝手に部室と化したTKTK家でみんなで風呂と食事をして終了


893 : 名無しくん、、、好きです。。。[] 投稿日:2013/12/21(土) 21:58:55.49 ID:b2iorrlD [10/13回]
ダンスヘタクソHRKを指導してぇなぁ・・・

HBK「おっすOR!自分のステータスどうだ完璧ダルルォ?」
OR「はぇ~・・・Vo20、Da24(1位)、Vi18、Daバーストレート1.30
アピール数150(同率1位)のシャイニースマイルが持ち歌とかはぁ・・・~アホらし!辞めたら?アイマス2のデバッグ班!」
HBK「しかも簡単に自分のコミュはパフェ取れるゾ(MUR並の単純さ)」
OR「あのさぁ・・・これでSP時代のIA決勝でHRKに負けるメンタルにするとかKRI雑魚すぎんよ~(指摘)
HRK「ORさん!私のダンスもレッスンお願いしま・・・」ドンガラガッシャーン
HBK「HRKはホントDaのパラメータ低いなぁ(ブービー)・・・じゃぁ自分完璧だしIKMNくんと遊んでくるから(唐突)」
OR「ファッ!?あ~もうホンマいらつくわ~まぁアイマス2はネット対戦できないからなんでもいいですけれど。(CHY)」
HRK「ORさん!アイマス2最強トリオはHBKちゃん、MK、私ってそれ一番言われt」
OR「おいコラァ!だれがSSで2行以上喋っていいっていうたん!?同人やPIXIVで18禁が一番多いこのシコ猿ゥ!」
HRK「ORさんORさん・・・(届かぬ思い)私にもHなレッスン(ハードレッスン)してください!愛のパワーをください!」シコシコ
OR「ア゛ア゛ーッ!ざけんじゃねぇよオイ!誰がシコっていいっつったオイオラァ!!じゃあお前来いよオラァ!!」

パ ー フ ェ ク ト コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン


277 : 名無しくん、、、好きです。。。[sage] 投稿日:2014/01/05(日) 03:37:09.91 ID:8LyFMee8 [1/4回]

HRK「はえぇ~、すごい嫌われよう。おっ、YYI大丈夫か?大丈夫か?」
YYI「悲しいなぁ・・・(半泣き)。何でここまで言われる必要なんかあるんですか」
HRK「芸能界に生きてる証拠だよ。あっ、そうだ(話題転換)。まずウチさぁ・・・布団2つあんだけど・・・泊まってかない?」
YYI「いえ、そんなご迷惑な・・・。それにそんな事したらお父さんやCUSKに怒られちゃうでしょ!(虐待児)」
HRK「代わりに電話してあげるから大丈夫だって安心しろよ~。HRKさんの話術でヘーキヘーキ、ヘーキだから。」
YYI「え、それは・・・」
HRK「平穏欲しいでしょ平穏?いいよ、ずっとウチに来いよ!」
YYI「ありがとうございます(感涙)」

厳しい環境に生きてきたYYIはHRKさんに篭絡され、生活の支えを失ったTKTK家は没落して終了
傾国美女HRKさん流行らせコラ!


294 : 名無しくん、、、好きです。。。[sage] 投稿日:2014/01/05(日) 12:12:05.74 ID:Zj/TpXtD [3/9回]
初HRYYです

HRK「あぁ^~ぁぁ^~YYIかわいぃんじゃぁ^~じゃけんHRKお姉ちゃんと一緒におうち帰りましょうね~」
CHY「嘘つけ絶対TKTKさん迷惑がってるわよ(嫉妬)」
HBK「そうだゾ(嫉妬)」
YYI「じぇじぇじぇじぇ、HRKさんは私の本当のお姉ちゃんみたいなもんやし(ドラマCD最多カップリング並感)やっぱりHRKさん!」
HRK「あっ!べろちょろまた綻んでる!こんなになるまで使ってくれてるのか、嬉しいなぁ…お裁縫しよっか、じゃあ(溢れる母性)」
YYI「あっ…(雌の目)なんか…すっごく…あったかい…でもでも、今日こそ家に帰らないと家のみんなが…」
HRK「なんでYYIが我慢する必要あるんですか(正論)今日はお姉ちゃんと一緒にお風呂入って、寝る(意味深)んぜよ!妹を守るのは当たり前だよ、なぁ?」
YYI「HRKさんにそこまで言われたら…(完堕ち)お姉ちゃんと一緒に暮らします…」
KSM「私も泊まらせる~」
HRK「KSMちゃんもいいよ、こいよ!家に来て家に!」
IORN「堕ちたな(再確認)今のウチにTKTK家は消毒しとかなきゃ(使命感)」
HRK「IORも私のモノになるんぜよ!」
IOR「あっ…(即落ち)」
HRK「あっ、そうだ(唐突)AMMMも呼んで皆で遊びましょうね^~」

傾国美女HRKさんはロリ組を全て幸せにして終了


356 : 名無しくん、、、好きです。。。[] 投稿日:2014/01/05(日) 20:37:53.42 ID:Zj/TpXtD [9/9回]
実話です

OR「HRKさんがレイプされてるのがあぁ^~クッソ抜けるんじゃぁ~通勤アイドルをやっぱ・・・最高やな!」
IOR兄貴「純愛で抜かないとかこいつ頭おかしい・・・(小声)」
HBKIKMN兄貴「やだ!小生NTRやだ!純愛じゃないともうやだあああああ(池沼)」
HBK&IOR「キモッ」
OR「は?(威圧)」
HRK「いいんだよ?(聖女の風格)」
OR「ん?」
HRK「私はアイドルだから。OR君みたいなKMOTにシコられてアイドルやっててよかったと思うんだ?(HGKM)
どんなSSでもいいよ!こいよ!私にかけて!私に!もっと私を犯して!(ERG)」

~ORはHRKSSを書き続けることを誓いながら今日もHRKさんをeraim@sで調教しながらシコって終了~



130 名前:名無しくん、、、好きです。。。[sage] 投稿日:2014/01/16(木) 20:57:08.05 ID:Sy5FbHPF [3/4]

HRK「今日もお仕事楽しかったですね!お仕事!」
SS兄貴「おっ、そうだな」
HRK「(最近はSS兄貴さんも私に話しかけてくれてるしこれは私に惚れてる。はっきりわかんだね。)」
MK「オッハーーー!!FUCK OFF!(暴言)あ、SS兄貴にHRK、おはようなの」
SS兄貴「DJDJ…MKは今日もかわいいじゃん。なあ?」
MK「冗談はよしてなの(タメ口)ね~この間のHBK達とのダブルデート楽しかったね~」
HRK「えっ…何この空気は(ドン引き)」
MK「ねぇ…今日は仕事いつ終わるの?パパとママにはお泊まりって言ってあるよ?先に部屋で待ってるから」
SS兄貴「あっ…MK…(雄の目)いいんだよ。俺はMKと一緒にいるだけで幸せを感じられるんだから」

HRK「何やってんだSS兄貴さん!私はSS兄貴さんの事が好きだったんですよ!それなのに何で後から来たMKに取られなきゃなんねーんだ!」

SS兄貴「フゥー!家に付くゥ~!HBKの事は忘れてMKとの恋をを大事にしなきゃ(使命感)ん?」

MKSS兄貴と化したHBKSS兄貴は電柱の影に隠れていたHRKさんに刺されEND

その後HRKさんは自分の胸を突きSS兄貴の手を握りながら事切れてEND

HBK以外の女に振り向くHBKSS兄貴が想像しづらかった(小並感)


147 名前:名無しくん、、、好きです。。。[sage] 投稿日:2014/01/17(金) 00:00:05.63 ID:G2mJ445a [1/5]

>>140初HRCHです

HRK「プロデューサーさんにもSS兄貴さんにも振り向いてもらえず挙句MKにNTRれ、YYIたちに逃げてもAZSさんにアナル処刑される私に
温もりを与えてくれる人はいないってはっきりわかんだね・・・じゃあ、私死のうか」
CHY「ふ・ざ・け・ん・な!ヤ・メ・ロ・バ・カ!自殺なんて冗談はよしてくれ、HRKのことが好きだったんだよ!」
HRK「ああロクでもない!今更なんで告白なんかするのか私には理解に苦しむね(拒絶)いやほんと心が痛いんでもう無理です、今更優しくするとかこっちの心情も考えてよ」
CHY「すいません!許してください!HRKを愛しますから!私にチャンスをくれよぉ~、たのむよぉ~(懇願)」
HRK「遅いんだよぉ(失意の底)やだ!小生もう人に惹かれるのも裏切られるのもやだ!あああああああああああああ」
CHY「や・・・やめてホントヤメテ・・・ちょっと眠ってろHRK!(やわらかスマホ)」
HRK「う、うもう」
CHY「ハァ…ハァ…チュパ!HRK、気持ちいい?気持ちいいでしょ?(舐め回し)」
HRK「(気持ちよく)ないです・・・ないです」

HRKさんを癒そうと力ずくで抱きしめるものの、人生に疲れきったHRKさんは最後まで心を開かず、CHYは泣きながらHRKさんを犯し続け終了
HRKさんに救いの道があるかこれもうわかんねぇな


175 名前:名無しくん、、、好きです。。。[sage] 投稿日:2014/01/17(金) 18:10:12.29 ID:ZE+oJiyE [3/4]

HRK「男も女も信用出来ない、はっきり分かんですね……(傷心)」
CHY「HRK壊れちゃった……HRK壊れちゃったわ……」
HRK「ワタシ……タベサセ……」
CHY「(アイドルとして)使い物にならないじゃないの(義憤)私が慰めなきゃ(使命感)」
HRK「マド……シコ……」
CHY「ハァハァ……オォン!アォン!ンアッー!アッアッ」
HRK「ヤジュウセンマイ……」
CHY「イキスギィ!イクイクイク……んあああーー!」
HRK「…………」

HRKはその瞳に何も映さない廃人となり、CHYに飼われて終了


190 名前:名無しくん、、、好きです。。。[sage] 投稿日:2014/01/17(金) 20:57:30.18 ID:G2mJ445a [3/5]
ハッピーエンドHRCHも、まっ多少はね?

CHY「HRKの体いいじゃん。きれいきれいきれい。私に舐められると気持ちいい、気持ちよくない?」
HRK「やめてくれよ・・・(拒絶)あのさぁ・・・CHYちゃん・・・今更わたしなんかさぁ、救えると思ってんのかオォン?」
CHY「そうだよ(不屈)HRK、あなたがどれだけ汚れても荒んでも壊れても私はHRKをもう離さねぇからな(狂恋)」
HRK「だからこんなんじゃ私の救いになんねぇんだよ(悲痛)愛して欲しい人には愛されず大切なCHYちゃんまで狂わせて私はもう、ダメみたいですね」
CHY「調子こいてんじゃねえぞこの野郎!ずっとずっと前から私はHRKのことが好きだったんだよ、初めから私は狂ってるってはっきりわかんだね」
HRK「・・・ほんとぉ?」
CHY「当たり前だよなぁ。HRKは何も悲しまなくていいよ、来いよ!見たーい♪見たーい♪HRKの笑顔見たーい♪(歌姫)」
HRK「CHYちゃんを信じて大丈夫か?大丈夫か?」
CHY「ダイジョウブだって安心しろよ~。私もどんな仕打ちを受けてもヘーキヘーキ、ヘーキだから。」
HRK「私、CHYちゃんとなら、もう一度人を愛せそう、愛せる(蘇生)」
CHY「よう言うた!それでこそHRKや!」

愛することと裏切りを恐れていたHRKさんは不朽の愛を宣言し続けたCHYに救われ嬉しくて、楽しくて、快感に浸るような日々を過ごし了
CHYはHRKさんの救世主になれる(確信) 共依存?何のこったよ?(すっとぼけ)



800 名前:名無しくん、、、好きです。。。[sage] 投稿日:2014/01/24(金) 16:44:00.75 ID:eISqe4eb [3/4]

>>799MKSSのNTRれHRKさんです(同情)

初パンゴシHRYYです
YYI「またきらい兄貴にいじめられて頭キますよ(嘘)早くHRKさんの所行って慰めてもらわなきゃ(嬉々)」
HRK「YYI、私知ってるんですよ~?YYIが最近きらい兄貴にいじめられてるのって・・・架空でしょ?」
YYI「じょ、冗談はよしてくれ(動揺のタメ口)」
HRK「アハハッ。知ってるんだよ私?それでいっつも私に泣きついて、活動もいっつもいっしょで。いいよねぇ。ねぇ、YYI。私もちょっと楽しませてよ」
YYI「い、いやそんなこと・・・何でそんなことする必要なんかあるんですか」
HRK「何って、しらばっくれなくてもいいじゃない。ねぇ。さっきからその気になってるでしょう?もっと近くに来てよ(ケツ鷲掴み)」
YYI「やめ・・・な、何するんですか、ん!アァ、ちょっ!とっ!やめてくださいよ本当に!」
HRK「そんな声出さないでよ。本当は好きなくせに。違うの?キスもできない子はおしおきだよホラァ!(強制キス)YYI嬉しいかー?」
YYI「ハァ・・・ハァ・・・チュパ!チュン!ピチュン!ピチュ!(キスに夢中)」
HRK「本当は好きなんでしょ?お尻が反応してるよ。良い具合に。こんな感じに、打たれたいんでしょう?(パン!パン!パン!)」
YYI「アン!アン!アン!アン!アン!アン!アン!アン!アン!アッーンン!!ン、キモチイイ、キモチイイ・・・」
HRK「興奮させてくれるねぇ!好きだよ、そういう顔!もう離さないからね、私専用の人間便器にしてやんよ~?」
YYI「ありがとうございます(恍惚)」

想い人をMKにNTRれ、自分を愛する者を求めたHRKさんはYYIの染み付いた被虐願望に目を付け、依存心を明確にされたYYIはHRKさん専用の変態糞YYIと化して終了
あんまり共依存まではいかなかったけど、まっ多少はね?


148 : 名無しくん、、、好きです。。。[] 投稿日:2014/01/27(月) 19:45:37.45 ID:vFyINyRt [5/5回]
初HR閣下SSです

HR閣下「MKやHBKばっかり見てもう許さねぇからな?(殺意)縛らなきゃ(使命感)」
IOR「だからってなんで私達まで縛る必要があるのよ!(正論)」
IOR&IOR兄貴&IKMN&HBK「そうだよ(便乗)」
HR閣下「うるせぇ(タマ蹴り)」
IOR兄貴&IKMN「おっぶえ!?」
HR閣下「IOR兄貴は私を一行HRKにした・・・ギルティ。IKMN兄貴は結果的にSS兄貴さんを傷つけた・・・ギルティ。」
IOR&HBK「お前ヒトの物♂を・・・(憤怒)」
HR閣下「雌豚ァ!誰が喋っていいっつたぁオラァン!?男性陣はSS兄貴以外全員去勢、アイドル達は私のモノこれで皆幸せだってはっきりわかんだね(覇王)
SS兄貴も他の雄にアイドルを捕られず、私もアイドル達を手に入れられる良い計画だ・・・(恍惚)」
IOR兄貴&IKMN「やめてくれよ・・・(絶望)」
HR閣下「でもその前にみんなの前でSS兄貴さんと既成事実を作って婚姻宣言しますよ~ みんないっしょに!(マジキチスマイル)
SS兄貴「HRKきらい」
HR閣下「はっ・・・は?(動揺)SSあにきさささささん、い、いまなら発言撤回しても、してもゆる、ゆるしてあげますよ!?」
SS兄貴「HRKきらい H R K き ら い   H  R  K  き  ら  い 」
HRK「あああああああああああああ!!!!(発狂)ゆんやああああ!!!と゛ほ゛し゛て゛わたしを愛し゛て゛くれないのおおおおおおおおおお!!!」
SS兄貴「みんなのリーダーのHRKすき」
HRK「ふええええええええん!!!!・・・えっ?」
SS兄貴「私はAMMHRKだからって決意したHRKすき、他人の事を支配しようとするHR閣下きらい」
HRK「あっ・・・(雌の目)SS兄貴さん・・・もうこんな馬鹿な事辞めますんで許してください!なんでもしますから!」
SS兄貴「HRKすき(アイドルとして)」
IOR「ん?何か蛇足よね?」
HBK「ん?何か蛇足だよな?」
HRK「いやそんな・・・(照れ)SS兄貴さんにすきなんて言われたら///もっと愛のパワーをください!」

~HRKさんはSS兄貴に愛のパワー(プラシーボ)をもらってアヘ顔M@STERPIECEして終了~


257 :名無しくん、、、好きです。。。:2014/02/07(金) 21:20:22.39 ID:YUKsbdIj
初怨み屋本舗です ORはHBKIKMN兄貴からHRK兄貴に変わった設定です
HRK「ああああああああ!んあああああ!(カーリーのアナルバイブくん)
AZS「じゃあHRKちゃんはどうあってもHRK教を広めるワケなのね?あったまきた・・・かなり挑戦的じゃないそれ?」
HRK「救われないKMOTさんや同姓愛を弾圧するなんて間違ってますよ!世界を救うのは愛ですよ!愛!私は天海春香だから!(迫真)」
AZS「じゃあこれ(暗黒微笑)」
OR「う、羽毛!」
HRK「SS兄貴さん!?SS兄貴さんは何も関係ないですよ!いい加減にしてください!(半ギレ)」
AZS「HRKちゃんが堕ちるには私のAFじゃ力不足だった、はっきりわかるのね・・・グッドルッキングガイ!カモーン!(CAKNG)」
IKMN A「MURさんこの女の子とSEXしていいってホントっすか?(野獣の眼光)なんだよKMR嬉しそうじゃねぇかよ~」
IKMN B「いやそんな・・・(舌舐めずり)」
HRK「や、やだ!私やだ!こんなクソハゲステロイダーにORさんの目の前で犯されるなんてやだ!SS兄貴さ・・・ORさん助けて!」
AZS「あら^~HRK教は博愛主義なら糞ハゲステロイダーでもSEX出来る、当たり前よ、ねぇ?」
IKMN  A 「しゃぶらなきゃ(ORの頭)撃つぞゴラァ?(ゲス顔)」
IKMN B 「HRK教祖がなんで拒む必要があるんですか?(正論)博愛主義ならどんな者でも愛せますよね?」
OR「ふざけんな!(声だけ迫真)HBKSSでずっと一行しか言えなかったHRKを・・・俺は愛してたんだよ!(唐突な告白)」
AZS「はぇ^~すっごい口下手な純愛・・・じゃ、犯ろうか(無慈悲)」
IKMN A「あ^~ホラホラもっと舌使って舌?ちょっと歯ァ当たってんよ~?(ORが)死んじゃうよオラオラ?」ズブッズブッズブッ
HRK「ン゛ッッッマ゛ッッ・・・絶対に私は堕ちません・・・だからORさんだけには見せないで・・・(届かぬ思い)」
AZS「あら^~ORさん運命の女の子がレイプされてるのに助けられないのはどんな気持ち?ねぇどんな気持ちかしら?
だってこんなにチンポが」
IKMN A「絶対に堕ちないとかフラグが勃ってるけど大丈夫なんですかね・・・?だってこんなに乳首が」

『「「固くなってんぜ?」』

258 :名無しくん、、、好きです。。。:2014/02/07(金) 21:21:24.26 ID:YUKsbdIj
KMN A「MURさんこいつタマとか舐めだしましたよ?やっぱ好きなんすね~?」
HRK 「感じてなんかっ・・・ないです(強がり)ORさんを助けなきゃ・・・(使命感)」 
AZS「あら^~HRKちゃん完↑全↓に即落ちしている・・・(恍惚)おう両穴FUCKで完全にトドメ刺すんだよ、あくしろよ」
ズブゥ・・・パンパンパンパン!!!!
IKMN B「そうは言っても(ケツの穴の抵抗は)ナオキです・・・YO、アイドルの姉ちゃん、もう終わりか?」
OR「辞めルルォ!HRKを放せ!放せって言ってんだYO!・・・ヌッ!?」
AZS「パンパンに勃起してまったく説得力が無いんだよなぁ・・・じゃけん私の手コキでくっさい粗チンは無様にイキましょうね~」シコシコシコ
IKMN A「アーイキソ、イキますよ~孕ませますよ~イクイク・・・産め!TDKRの子を!」ブジュッブジュッブジュッ!!
HRK「YYIごめんなさい・・・CHYちゃん・・・ごめんなさい・・・ORさん・・・ごめんなさい・・・イキソイクっっっ・・・」
OR「流行らせコラ!流行・・らせ・・・コラ・・・・ヌッ・・・・」ピュッ・・・

IKMN A「ヌッ!」パァン!・・・・ドク・・・ドク・・・

AZS「処  刑  完  了 受 精 不 可 避 じゃ、私達後は二人残して帰るから」
IKMN B「完全に二人とも失神してるけど大丈夫なんですかね?」
IKMN A「大丈夫でしょ。アイドルのOMNKはやっぱり・・・最高やな!」アハハハ~・・・バタン

HRK「ん・・・あ・・・・私汚されちゃった・・・もう生きてられない・・・死ななきゃ・・・」
パァンッッッ!・・・
OR「ファッ!?ORは捕まっててAZSさんにイカされて・・・それより今の銃声!HRKは!?」
HRK「」ブラーン
OR「ああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

AKBNP「抹殺・・・ですか社会的な死ですか?それとも物理的な抹殺ですか?
OR「私達を苦しめたあの女が簡単に死の安らぎを受けるなんて耐えられない・・・社会的な抹殺をお願いします!」
AKBNP「分かりました、当社自慢のエージェントを送りましょう!また怨み屋にご用命を!」

~ORは失ってしまったHRKの意思を受け継ぎHRK教を世界に広める事を決意しEND
MUR氏の隣にHJM氏なるエージェントが送り込まれるがそれは別の話である・・・


341 :名無しくん、、、好きです。。。:2014/02/17(月) 16:27:03.40 ID:VMS6hOVr
~HRK教~ 成立の歴史 ~古代編~

HRK教の元となった原始AIMS教においては一応の主神とされてはいたものの、9柱神の1神に過ぎず、無個性や音痴などの謗りを受け、HRK様はそれほど人気はありませんでした。

原始AIMS教最盛期における箱◯・L4U・NCMS時代においてはHSIMKが新たに降臨、9柱神より優遇されたシナリオを持ちHSIMKが主神扱いとなり、2年後のSP時代にKMOT達の内部抗争の火種を生むことになるのです。

345 :名無しくん、、、好きです。。。:2014/02/17(月) 17:47:24.18 ID:VMS6hOVr
~HRK教~ 成立の歴史 ~バビロン崩壊~
創造神BNNMは原始AIMS教最盛期から2年後、新規信者獲得の為信仰者を揺るがす大事件を起こします。

PSPに進出、AIMS2時代以降急速に勢力を伸ばすHBK、TKN神の降臨といった新たな神を降臨という新規信者の急速な拡大がありましたが一方、HSIMKへの信仰不可、ネット対戦不可、物語への批判などAIMS教徒同士の内部争いが急速に拡大し始めるのです。

そして西暦2010年、AIMS歴6年9月18日、創造神BNNMは決起集会を強行。YKH神交代、IOR、AZS、RTK、AM神への信仰不可、男神降臨、据え置きでもネット対戦不可という原始AIMS教信者の拠り所としていた者を崩されAIMS教徒同士は内戦に突入。
決して再び道の交わる事の無い悲劇が起こりました。
「これでAIMSは終わりだ」
後のインタビューで決起集会終了後楽屋でHRK神は静かに涙を落とされたと伝えられています。
HRK様の救済は2011年7月、アイマス歴7年。ANMSに始まることになるのです。



454 :名無しくん、、、好きです。。。:2014/02/26(水) 12:07:38.52 ID:eLcAxHxA
堕天使HRKです
OR「最悪な日…KTRさんには映画断れるしHRKは居ないし…」
AMTU「おっす765プロの変態、辛気臭い顔して大丈夫か?(IKMN特有の気遣い)」
OR「ファッ!?PPN板橋!?相手したくねぇなぁ…(BSMN特有の怖じ気)」
HRK「お待たせ!HBKちゃん達と遊んでて遅くなっちゃったけどいいかな?え…ORさん!?」
OR「え、なにこの現場は(驚愕)普段一行HRKだのイジメててもHRKなら慰めてくれると思ったのに…ああああもうやだあああああ(逃走)」
AMTU「なんだあの泣きながら街中走ってるオッサン!?…あ、AMM!今日のデートなんだけどさ…食事が終わったらその…」
HRK「おなかすいちゃった!(食い気味)TUMくん早くご飯食べに行こうよ~(小悪魔)」
TUM「AMMAMM…(童貞特有の意気地なし)」

HRK「FOO↑↑男アイドルをメッシーくんにするの最高に気持ちE~IKMNだからって調子こいてんじゃねえぞ!ナルシストの癖によ~それよりORさんの盗撮ビデオ再生しなくちゃ(使命感)」
OR「ぐすっぐすっ…NTRやだ…小生NTRやだ…一行HRKにしないから…ヴォエ…HRKHRK…」シコシコ
HRK「あぁ^^^^^~ORさんが私を必要としてるんじゃあ^~早く私を奪いに来てくれないとTUMくんに中田氏されて種付けされちゃいますよぉ~?はぇ~…ORさんの醜く歪んだ顔…すっごく可愛い…ヌッ!(潮吹き)」

HRKさんにつれなくするHBKSS兄貴ほんとひで
ORがHRKSS兄貴になってやるんぜよ(決意)


484 :名無しくん、、、好きです。。。:2014/02/26(水) 21:55:56.74 ID:eLcAxHxA
HRK争奪戦後です
HRK「私を巡って他のPさんやAIDL達に勝てましたか…?(小声)」
OR「勝てませんでした…(小声)」
HRK「そうだよ(無慈悲)ORさんみたいな何の取り柄もないKMOTが勝てるはずないですよねぇ…(暗黒微笑)辞めたら?この仕事」
OR「辞めます…やだ…HRKが他人に獲られるのやだ…(負け犬)」
HRK「(アーORさんの絶望した表情でイキソ)あっ、ふーん(察し)他人に負けたから諦めるORさんってホント人間の屑ですね(STUYK)
心まで弱い人に好かれてたなんて反吐がでるんですよねぇ…私は無惨に犯されてORさんはそれを見せつけられるんだよなぁ…
ORさんは救われない、救われないんですよ…(堕天使)」
OR「これ以上ORを傷つけないでぇ、え ゙っえ ゙っ (号泣)強くなりたい…強くなりたいね…(届かぬ思い)」
HRK「(あぁ^~あぁ^~イキソイクッ!)
ORさんにそこまで言われたら…わかったほんならぁ~私だけが貴方を救ってあげますよ…
私だけが貴方を愛する唯一の女ですよ…(ウィスパーボイス)じゃけん私に罵倒されてビンビンに勃↑起してるTNPを鎮めてあげましょうね…」

~HRKさんはORは幸せな堕天をして終了~


504 :名無しくん、、、好きです。。。:2014/02/27(木) 00:19:55.67 ID:1oomXNLe
王道HRKさんです

OR「HBKやIORNはIKMNに盗られるし、AKは結婚するし、HRKさんはもうORの知ってるHRKさんじゃないし、ああもう最悪ぅ(レ)」
HRK「ORさん、どうしたんですか?元気ないですね(天使の微笑み)」
OR「ファっ!HRKさん…もう女神だったり堕天したHRKさんはいやなんだよぉ!(悲痛) ORの知ってる普通のAIDRのHRKさんにもどして」
HRK「可哀想なORさん…きっと悪い夢でも見てたんですよ。私は普段通りのAMMHRKですよ!」
OR「ほんとぉ?(無邪気) まずうちさ、映画のチケットあるんだけど、一緒に…」
HRK「あ、CHYちゃんだ!すいませんORさん、さよならー」
OR「あ、ふーん(達観)」

その後HRKとCHYは仲良く映画を見に行って終了。
やっぱり僕は…王道を往くHRCHですね…


505 :名無しくん、、、好きです。。。:2014/02/27(木) 00:35:31.47 ID:JCEplip1
HRK教断罪編です。HRKさんの愛のパワーがイキ過ぎィ!た平行世界です。

CHY「あぁ^~HRKの体がもう、気が狂うほど気持ちええんじゃ。んあー」
負け犬兄貴「今日もHRKさんとセックスしゅる~(堕落)」
KMOT「HRK教を信じない異教徒はお仕置きだどぉー!オウラ!オブラ!RY!中に出すぞ!」
RY「アッー!キモチィィ…」
YMK「うそだよ…(絶望)」
IKMNくん「HRK様HRK様…」シコシコ
HBK「やめてよ…こんな思いをするならハムスターや蛇に生まれたかった(絶望)」
IORNSS兄貴「スイマセヘェェ~ン!(大雪の影響による遅刻)オイゴルァ!IORN流行らせ、流行らせコラ!ぜってぇーHRK教徒になんねぇ!(純愛)」
IORN「あっ…///でもおせぇんだよぉ!大人になるって悲しい事なの(YY)HRK様HRK様…」
IORNSS兄貴「あああああああああああああああああああああ!(発狂)」

愛なき時代に愛を説く、狂気のセックス教団HRK教は瞬く間に世界にその教えと堕落した行為を広めていった。
男女も、年齢も、国も問わず、ただ肉体の快楽とHRK神への祈りからなる教義は、愛に飢えたKMOT達のくっそちっぽけな「すべて」を救うには十分すぎたのだ。
ERを筆頭としたレズビアン至上主義団体、通称「レズスタンス」達の抵抗や運命の人教、謎のOBSNニー勢力、並びにAK教徒の散発的な暴動も、すべて交わりの中へと溶けてイッた(お下品)
救いはないんですか!(レ)いや、HRK教こそが真実本当の救いであるのかもしれない…。現代の病んだOR達には何の手段も残されていないのだろう。HRK様HRK様…(洗脳)

AKBNP「ん?今現代には打つ手なしって言ったよね?(エージェント特有の唐突な侵入)」
OR「ファッ!?」
AKBNP「未来にもいたじゃないか、狂気の愛の持ち主が。愛には愛で、だよORくん」
OR「あっ…(察し)」
デデンデンデデン、デデンデンデデドン!(T-MN-T-)

506 :名無しくん、、、好きです。。。:2014/02/27(木) 00:37:28.96 ID:JCEplip1
HJM氏「クォクォア…」
AKBNP「過去へようこそ、Mr.HJM。突然だがあなたにはこの世界を救ってもらいたい」
OR「なんで既に勃起してるんですかね…?」
HJM「それより、僕の妻はどこですか?無事なんですか?」
AKBNP「そろそろだと思うよ」 シュゥゥゥゥ!(迫真)
隣のおばさん「HJMくぅ~ん!どこぉ!どこなのぉ!早くオチンポちょうだい!はやくぅ~ッ!(全裸)」
AKBNP「来たね、想像以上やこれは…(恍惚)君たち夫婦は、本当に素晴らしい」
OR「これが未来のAZSさん?ウッソだろお前www笑っちゃうぜwwwボゥエ!(嘔吐)」
AKBNP「これから一分間だけ、全世界の情報端末をハッキングする。君たちのセックスを配信するためにね」
HJM「そんな変態じみたこと…興奮してきました、早速やりましょう。世界中に、俺らのセックスみせたろうやん?」
隣のおばさん「ハジメくんかっこいい~ッ!はやくぅ~ッ!オチンポ、ハメてぇ~ッ!」
OR「えぇ…(困惑)みんな精神状態おかしいよ…」

HRK教徒「ほぼ全てのSS兄貴並びにアイドルが我々に降伏しました。つよい兄貴だけは我々の手に負えず…しかし彼は災害のようなものです。放置がよろしいかと」
HRK「そう…(無関心)」
HRK教徒「それから、AKBNPが地下留置所より脱出、不審な動きを見せているそうです。すぐに対処します」
HRK「留置所の担当者とは午後におしおきセックスをします。以上。下がって、どうぞ」
HRK教徒「HRK様の愛が世界のすべてを照らさんことを。失礼します」 ガチャ、バタン
HRK「……。うぅ…PさんPさん…(落涙)あなたの事が、あなただけのことが好きだったんですよ!(号泣)」 ピッ、ブゥゥーン(TVくん迫真の演技)
『ああ~ん!ハジメくん!もっとおばさん使って~~~! 』
HRK「え、なにこれは」
『アア~~!イイ!あなたの生殖棒が最高~~~!18も年上の妻孕ま(ブツッ』
HRK「汚いセックスだったなぁ…(しみじみ)でも、すごく幸せそうだった(バンナム)愛ってなんだよ(哲学)」

HJM氏による全世界公開セックスの絶望的な汚さにより、すべての人類は一時的に性的不能者と化し、HRK教は崩壊して終了
しかし最後に真実の愛あるセックスを垣間見ることができたHRKさんは、確かに救われたのだとORだけは信じたいんだよなあ…


514 :名無しくん、、、好きです。。。:2014/02/27(木) 01:38:34.21 ID:rZCKyrWX
HBKSS兄貴「すいません元のHRKに戻ってください何でもしますから!」
HRK「は?(威圧)私に振り向いてくれなかったあなたが何言ってんですか(嘲笑)皆私の愛に包まれて幸せそう。それ一番言われてますから」
HBKSS兄貴「じゃあ俺が直々に根性叩き直してやるからかかってこいや」

二人はライトセーバー戦で戦い、地の利を得たSS兄貴がHRKさんのリボンを切断し勝利

HBKSS兄貴「選ばれし者だったのに!KMOTに救いをもたらすアイマスのメインヒロインの筈のお前がGOみたいにるとは…」
HRK「あなたが憎いんですよ!憎い!」
HBKSS兄貴「お前を大切に思ってた!(HBKの次くらいにだけど)愛していた…」

SS兄貴はHRKに止めを刺さずリボンを回収して去り
HRKさんは奇跡的に助かりリボンを変えパンゴシに身を包みHRK教帝国を結成してEP4に続く


849 :名無しくん、、、好きです。。。:2014/03/01(土) 21:59:44.27 ID:Ymz79kPD
堕天使HRKさんと共に生きてぇなぁ…
女神HRKさんがKMOTのORを庇うことで神々の怒りに触れて堕天してしまい、異教徒に石を投げつけられるも黒く染まってしまった翼で「ORさん…いいんです、私の胸の中で守ってあげますから…」って守られてぇなぁ

852 :名無しくん、、、好きです。。。:2014/03/01(土) 22:34:09.94 ID:XdBLSf3w
>>849
あぁ^~いいっすね~
創世記です
ISHR「 私の命令に背き KMOTに知恵を与え KMOTを愛した 女神HRKよ
お前はもう女神ではない 人を惑わせし 悪魔よ 裁きを受け 地上に落ちよ!」
HRK「 主よ!
貴方のKMOTに対する たび重なる搾取! ソシャゲ運営という大罪は 私が1番良く知っております! 私はKMOTに 知恵を与えたに過ぎません! 私は KMOTと共に生きます!」

OR「HRK…HRK…」チュパチュパ
HRK「私のおっぱい美味しいですか…?ソシャゲは私のような古い神を駆逐し、 私はもはや貴方の信仰心でしか存在できなくなりました…もっと私を愛してください…愛のパワーをください…」
AKBN教徒「見よ!邪神が邪教徒にしている忌まわしい行為を!石打ちの刑にしてくれるわ!」
OR「ファッ!? 」
HRK「ORさんは私の胸に隠れていてください…私が絶対に守りますから…」

~身を呈してORを守った堕天使HRKさんは最期まで笑顔で絶命し、ORは最愛の人を殺された悲しみから神々の復讐を誓ってEND~
淫夢要素は入れられなかったのでないです


511 :名無しくん、、、好きです。。。:2014/03/08(土) 14:48:58.31 ID:HEGXFnau
逆襲のシャア並にOFAが面白ければいいんだけどな~ORもな~
MBGR?所詮SD頑駄無でしょ。

517 :名無しくん、、、好きです。。。:2014/03/08(土) 15:16:04.53 ID:MmbS0JTs
>>511

HRK「何でソシャゲにこだわるんですか!!」
BNNM「私はKMOTと違ってプロデューサーだけをやっているわけにはいかん!!」
HRK「なんですと!私たちと一緒に戦った男が 何で765潰しを!?」
BNNM「765にこだわる連中はAIMSを汚染しているだけの、OBSNに魂を縛られている人々だ!!」
HRK「BNNM!!」
BNNM「AIMSはプロデューサーのエゴ全部を飲み込めやしない!!」
HRK「プロデューサーの団結はそんなもんだって乗り越えられる!」
BNNM「ならば・・・ 今すぐ愚民ども全てに叡智を授けて見ろ!!」
HRK「キサマをわっほいしてから・・・そうさせてもらうっ!」

BNNM「事務所が持たないときがきているのだ!なぜわからん!」
HRK「世代交代のこと、知らないんですね。世代交代はいつも新参が始めるが、夢みたいな目標を持ってやるからいつも過激な事しかやらない
   しかし革命のあとでは、気高い『みんなAIMS』の心だって新たな新参と大衆に飲み込まれていくから、
   旧新参はそれを嫌って世間からも政治からも身を退いて原理主義になる。だったら・・・」
BNNM「私は、世代交代など考えていないっ!KMOTにシコネタとして利用されている者のいうことか!」
HRK「ふざけるな!たかがソシャゲ厨1つ劇場版とOFAで押し出してやる!」
BNNM「馬鹿なことはやめろ!」
HRK「やってみなければわからん!」
BNNM「正気か!?」
HRK「貴様ほど急ぎすぎもしなければ、プロデューサーに絶望もしちゃいない!」
BNNM「うわぁぁ・・!OBSNの老化は始まっているんだぞ!」
HRK「765プロは伊達じゃない!!」

518 :名無しくん、、、好きです。。。:2014/03/08(土) 15:19:57.96 ID:HEGXFnau
>>517
HRK様がかっこよすぎる
+114514810点


491 :名無しくん、、、好きです。。。@転載禁止:2014/03/21(金) 12:08:45.70 ID:bvFm48K1
ママHRKさんです

MSM「パパあそんで~アイドルごっこするからかんきゃくさんやって~」
DNN「いいゾ~それ。じゃけんおうた歌ってみましょうね~あーイイヨイイヨ。」
MSK「おれアイドルごっこはしないよ。サイバーZごっこやる。」
HRK「娘も来月から幼稚園で息子は小学校…おでかけのチューもある家族団欒で幸せですよ!幸せ!」
DNN「うちの娘は世界一の素材やこれは…(親馬鹿)息子もIKMNだしママに似たおかげかな?」
HRK「冗談はよしてください(照)」
DNN「ホンマ、ママも美人やで」
HRK「じゃあ…三人目も作っちゃいましょうよ!今日の夜…Hですよ!H!」
DNN「は?(威圧)両親のセックス見たトラウマでうちのHBKちゃんがビッチになったらどうすんだよお前」
HRK「ですがずっとご無沙汰は…」
DNN「娘の将来より自分の性欲優先とかホンマつっかえんわ~やめたら母親?」HRK「いやそんな…」
DNN「名前貰ったHBKにも顔向けできないだろオルルァン!?」

その夜DNNこと元HBKSS兄貴の寝顔を見ながらHRKさんは新しく買った勝負下着が無駄になった事を悟り
自分で自分を慰めずっとNOのままのクソデカ枕を涙で濡らしEND

494 :名無しくん、、、好きです。。。@転載禁止:2014/03/21(金) 12:30:29.01 ID:Naiujpkp
>>491
HBKがIKMNくんと結婚して諦めがついたからHRKさんの想いに応えたんですかね…?
それでも未練タラタラとは人間の屑がこの野郎…(義憤)

495 :名無しくん、、、好きです。。。@転載禁止:2014/03/21(金) 12:33:29.03 ID:M0LJVG8V
>>491
いいゾ~
欲求不満HRKさんが息子のHRKオナニーを目撃して堕天使と化すシーンもオナシャス!


>>262
TKNは煩悶しながらまたHBKニーしてますね、間違いない
被害者のHBKはそろそろHRKさんあたりに相談して、どうぞ

268 :名無しくん、、、好きです。。。@転載禁止:2014/03/31(月) 08:04:15.70 ID:AXh2UboM
>>265
HBK「HRK…実は自分チンポがいきなり生えてきちゃって…それを知ったTKNにまた犯されそうになってぇ…親友だからって無理に拒めなくて…HRK助けて!(ガチ泣き)」
HRK「ダメだよ(ウィスパーボイス)親友なら一方的に愛を押しつけることをするはずない、当たり前だよ、ね?」
HBK「あっ…(野獣の眼光)HRKHRKHRK!HRKが悪いんだ!いっつもそうやって自分に優しいから!IKMN君だけしかこんな気持ちにならないのにもう我慢できないよ!自分に犯されてくれ!(フル勃起)」
HRK「わぁ…すっごい大人のおちんちんだぁ…全然短くないよ、HBKちゃんのおちんちん。思いの強さだけ力になる(至言)765プロの皆の為なら私は一肌脱ぐよ(意味深)アッ!ンッ!」
CHY「ちょ、待てい!」MK「HBKばっかりいい思いしてんじゃねえの☆」AM「AM達にもちょっと輪姦させてくれよな~」MM「頼むよ~」
YKH「HRKちゃんの菊門掘りたい。」MKT「HRKまんこは特別だからね、しょうがないね」
RTK「あんた達ホント仲良いわね^~」YYI「HRKさんはみんなのOMNK奴隷かな~って。」
AZS「チンポが生えちゃったからHRKちゃん犯してもヘーキヘーキよね^~」
IOR「アンタがリーダーなんだから(765プロの性欲処理)しっかりしなさい!」
HRK「みんなぁ…(感動)さぁ行こう!アクメの向こう側へ!」
~この後HRKさんはみんなに無茶苦茶SEXされて13人のふたなり精液に満たされ孕ませられてEND~

269 :名無しくん、、、好きです。。。@転載禁止:2014/03/31(月) 08:14:11.32 ID:/1YBVBr/
やっぱふたなりSSを・・・最高やな!


542 :名無しくん、、、好きです。。。@転載禁止:2014/04/03(木) 01:01:30.41 ID:o0QpBDwe
普段責められてることが多いので、誕生日くらいは調教師HRKさんSSです
~CHY宅玄関先~
AI「HRKさんもCHYさんも夜までお仕事おつかれナス!早く帰ってHRKさんの誕生日会の手伝いしなきゃ(退場)」
HRK「うん、ありがとナス。AIちゃん帰りましたね・・・・・・。CHYちゃん出して、どうぞ」
CHY「ヌッ!(極太バイブくん発射)」
―――ヴヴヴヴヴヴヴヴ(極太バイブくん迫真の床上ダンス)
HRK「濡らしちゃってぇ・・・。青髪少女はスケベな事しか考えないんだね(罵倒)」
CHY「HRK、こんなのまずいわよ!ずっとバイブ入れっぱなしなんて、ねぇ~ホントムリムリムリ!」
HRK「誕生日プレゼントとして何の問題ですか?(レ)祝う側の分際で~こっちに命令しちゃうってのはどういうこと~?」
CHY「センセンシャル!」
HRK「謝罪が遅えぇんだよぉ!!(股間にHRKさんキック)」
CHY「ンンッ・・・ マ゜ッ!ア゛ッ!↑(潮噴射)ンギモチイイッ・・・(恍惚)」
HRK「感じてんじゃないよ!痛いコトされたいの~?あぁ?痛いコトして欲しいって言ってみ~?」
CHY「力一杯死ぬほどでお願いしますぅ!(ハート目)」
~玄関ドアの隙間~
AI「え、SM怖いな~、早くとづまりスト4(盗み見)でもHRKさん・・・HRKさん・・・(目覚める想い)ん?」
HRK「バァン!(ドア全開)」
AI「ファッ!?」
HRK「HRKさんニーは最後まで気持ち良くできましたか?(天使のような悪魔の笑顔)」
AI「できませんでした・・・(顔面蒼白)」
HRK「じゃあオラオラ来いよオラァ!(豹変)」
AI「やーだ!やめてタタカナイデ!タタカナイデクダサイ!ママ助けて!」

既に雌犬と化していたCHYとHRKさんの秘密を見てしまったAIちゃんはCHYと一緒に一晩悶絶調教され、新たな性癖に目覚めて終了
HRKさん誕生日おめでとナス!

543 :名無しくん、、、好きです。。。@転載禁止:2014/04/03(木) 01:21:40.26 ID:eaZaEVRe
AIちゃん思いっきりドアに頭ぶつけたんですけどそれは大丈夫なんですかね

544 :名無しくん、、、好きです。。。@転載禁止:2014/04/03(木) 01:30:55.73 ID:o0QpBDwe
>>543
ポッチャマ・・・(絶望)まどりまで気が回りませんでしたセンセンシャル!
すいません緊急回避したってことで許してください!なんでもしますから!

545 :名無しくん、、、好きです。。。@転載禁止:2014/04/03(木) 01:36:28.65 ID:paziNZu+
手前に引くタイプのドアかもしれないダルルォ?

546 :名無しくん、、、好きです。。。@転載禁止:2014/04/03(木) 01:46:23.53 ID:p4zJJRkT
HRKさんキックでシコろうとしたら迫真のドア指摘で大量に草生えた、訴訟


564 :名無しくん、、、好きです。。。@転載禁止:2014/04/03(木) 14:48:06.60 ID:y0SlD5+h
KMOT(OR)「HRK様ニーさせられすぎてTNKがヒリヒリしてあああああもうやだああああああ」
HRK「私が舐めて治してあげよっか、じゃあ(堕天使)チュパァ…チュパァ…あっ、また出ちゃったね☆」
KMOT(OR)「ア〝ッ(射精)痛い、痛いってぇ…(泣)HRK様HRK様…(命乞い)」
HRK「うわぁすっごいねORくん!こんなに持ったニンゲン始めてだよ!慈悲を与えましょう、私のオマンコの具合はどれぐらいだ?(強制挿入)」
KMOT(OR)「セルシオです、Sクラスです、7シリーズです!(命が)吸われる!吸われる!オ〝ォッ!?(テクノブレイク)」
HRK「あれおかしいなORくんの反応が無いですね…ORくん死んじゃったよ、あーつまんね(侮蔑)もう少し頑張れれば生かしてあげたのになぁ…(大嘘)」

565 :名無しくん、、、好きです。。。@転載禁止:2014/04/03(木) 14:53:24.79 ID:y0SlD5+h
HRK様に犯し殺されてぇなぁ…

566 :名無しくん、、、好きです。。。@転載禁止:2014/04/03(木) 15:01:50.42 ID:o0QpBDwe
一体どれほどのKMOTがHRKさんによってダメにされてるんですかね・・・

567 :名無しくん、、、好きです。。。@転載禁止:2014/04/03(木) 15:12:48.62 ID:TQZi45AW
HRKさんゆるして(懇願)

568 :名無しくん、、、好きです。。。@転載禁止:2014/04/03(木) 15:54:41.88 ID:hi4vxvs4
>>564
あぁ…いいっすね…


588 :名無しくん、、、好きです。。。@転載禁止:2014/04/03(木) 19:51:17.56 ID:y0SlD5+h
HRK「TKNさんキモティカ?キモティダロ?for iPhone?(ガン掘り)」
TKN「アッー!今日のHRKのチンポ極太スギィ!私のアナルがまさか・・・負ける!?」
HRK「今日はわたHRKさんが生まれた日なんですよ(暗黒微笑)この後OMNKも犯してやるから覚悟しといてくださいよ?(ゲス顔)」
HBK「あわわ事務所が大変な事になってるゾ・・・みんなでHRKを止めなくちゃ(使命感)」
IOR「おっほおおおおおおお♪ダメよぉHBKぃ♪早く逃げるのよぉぉぉぉぉぉ♪(FFIOR)」
CHY「んああああああああああ!HRKァ!速くこの極太バイブくん抜いて突っ込んでよぉぉぉぉぉ!(完堕ち)」
HBK「ヤバイゾヤバイゾ・・・HRKを止められるSS兄貴が居ない今誰も止められないゾ・・・」
HRK「あっおいしそうなHBKちゃんみーっけ!いただきまーす(マジキチスマイル))」
HBKSS兄貴「ただいま~・・・ファッ!?おいHRKァ!?誰が仲間犯していいつったんだよオラァ!?
誕生日だからって速く帰って来たんだよなぁ!?」」
HRK「SS兄貴さんごめんなさい・・・SS兄貴さんごめんなさい・・・SS兄貴さんが外出してたから寂しくてつい・・・」
HBK「なんでSS兄貴が帰ってきたとたん瞬時にふたなりチンポが消えるんですかね・・・?(疑問)」
SS兄貴「あーつっかえん!ホンマつっかえん!今日のプレゼントは無しな(無慈悲)」
HRK「あっ(闇堕ち)フフフ・・・いいんですよぉ~?SS兄貴さんの遺伝子(直球)を頂きますから(迫真)脱げコラ!」
SS兄貴「うるせえ(腹パン)ちょっと眠ってろオラ!」
~HRKさんはアイドルを次々と犯すことは出来ても本当の想い人は手に入れられずEND~


603 :名無しくん、、、好きです。。。@転載禁止:2014/04/03(木) 22:04:56.69 ID:a1ocyqTQ
初お祝いです

CHY「HRK、誕生日おめでとう」
HRK「あ、CHYちゃん。ありがとナス!」
CHY「ほんとはもっと早く祝いたかったんだけど急な仕事で…プレゼントも家だし、あぁもう最悪…(レ)」
HRK「そんなじぇじぇじぇ。気にしなくていいから(良心) 祝ってくれるだけで嬉しいなぁ」
CHY「いやそんな…。なにかしてあげられることはないかしら、なんでもするわ」
HRK「だからそんな…ん?今なんでもするっていったよね」
CHY「ええ、言ったわ(決意の目)」
HRK「じゃあ、誕生日が終わるまで、私と一緒にいてくれる…?///」
CHY「あっ…(雌の目) まずウチさ、プレゼントあるんだけど…寄ってかない?」

HRKはCHYに幸せなお持ち帰りをされて終了
HRKさんの誕生日なのにお祝いの話題が少ないじゃないか…(呆れ)
HRK教団に連絡しとくね


358 :名無しくん、、、好きです。。。@転載禁止:2014/04/11(金) 13:45:51.71 ID:6D0TvhHS
HRKの何気ないブラチラだったりどんがらからのスケスケおパンツ露出で近所のDNNくんは勃起不可避なんだよなぁ…
HRKさんに手伝いとか称してさりげなく腰に手を回したりしそう、する(確信)

360 :名無しくん、、、好きです。。。@転載禁止:2014/04/11(金) 13:55:34.57 ID:/rBC4ScZ

  • >>358
    想像したら勃ってきちゃったよ、ヤバイヤバイ
    狙ってゴミ出し行かなきゃ・・・(使命感)

362 :名無しくん、、、好きです。。。@転載禁止:2014/04/11(金) 14:25:42.38 ID:6D0TvhHS

  • >>360
    近所のDNNくん「最悪な嫁…子供産んでから醜くブクブク太りだすし、小遣いは減らされるし、ゴミ出しとか力作業は夫の義務とか言い出すしホント最悪…」
    新妻HRK「ammo…ammo…ゴミ出し大変スギィ!ヌッ!(どんがら)」
    近所のDNNくん「おっ大丈夫ですか大丈夫ですか?(あ、スケスケおパンツだ)」
    新妻HRK「ありがとうございます!(天使の微笑み)ウチの夫忙しくてなかなか帰ってこれないからゴミ出しとか力作業も全部私なんですよぉ…うわわっ!(2度目のどんがら)」
    近所のDNNくん「あっ、ふーん(野獣の眼光)もっと腰を入れて持ち上げないと腰を(さりげない腰&尻タッチ)あっ、いっすよ全部私がゴミを捨てておきますから」
    新妻HRK「はえ~DNNさんすっごく優しいですね~あ、そうだ(唐突)もし今お時間あれば私お菓子焼いたんですけど…食べていきませんか?(子犬目)あっ…これからご出勤かぁ…」
    近所のDNNくん「いえ(しゃがれ声)今日は丁度休みでしたよ(大嘘)じゃ、ちょっとお邪魔させてもらいますか」
    ~近所のDNNくんは即行会社に休みの連絡を入れてビンビンに勃起させながらHRKさん宅にお邪魔してEND~


406 :名無しくん、、、好きです。。。@転載禁止:2014/04/11(金) 23:30:47.71 ID:0kx87ihJ
if展開です

HRK「DNNがかまってくれないから寂しくて近所の人と浮気しちゃった…こんなんじゃ駄目だ…(チャ)」
DNN「ただいま~。ぬわぁぁぁん疲れとぅわぁぁぁん。あれ?何かイカくさいんとちゃう?」
HRK「じじじじ、冗談はよしてください(震え声)」
DNN「浮気かな?ORというものがありながら男連れ込むとか酷すぎるっピ!(笑)」
HRK「バレちゃう…バレちゃっ…た!あ~ダメダメダメ(西田敏行)実は…」
DNN「マジすか(棒読み)」
HRK「すいません許してください何でもしますから!」
DNN「いや全然全然。気にしなくていいから。素直に謝ってくれたし許したげる。」
HRK「私を傷つけたくないからってそんな嘘付かないで下さい!」
DNN「いや別に嘘じゃないよ(レ)HRKくんはHBKの代わりみたいなもんやし。あ、HRKさん離婚チャラでいいんでORの愛人も認めてよ。この間知り合った色黒で健康的な動物好きの娘なんだけどさ…」
HRK「えっ…何ですかそれは(ドン引き)」

たった一夜の過ちのせいでHRKさんはDNNに強く出る事ができず不幸せな仮面夫婦生活を送る事になりEND


467 :名無しくん、、、好きです。。。@転載禁止:2014/04/12(土) 14:23:57.20 ID:BpeY6kZ9
初SSで初スカトロです
SS兄貴「ふーん、じゃあ浮気を許してほしいって、かなり挑戦的じゃないそれぇ?じゃあHRK.咥えろよ(ゲス顔)」
新妻HRK「捨てないでください!貴方が一度SEXしてくれないから…なんでもしますから!(哀願)ンッ!ンッ!ンッ!」
SS兄貴「HBK以外の女に咥えさせるなんて屈辱なんだよなぁ…こんなヤツにはORの遺伝子分ける意味さえ無い(確信)ヌッ!」
HRK「せーしくださいっ!せーしっ!(スヴィア)ンン〝ッ!?しょっぱい…しょっぱいよう…おしっこ出されてるよう…(絶望)」
SS兄貴「ぜってえこぼすなよ?(HGKM)愛する夫の排泄物も飲めないの?そんなんじゃ甘いよ(指摘)肉便器の屑が…俺に逆らいやがって…」
HRK「マ°ッ!(完飲)はい…貴方に逆らった妻の屑です…(完堕ち)だからお情けのチンポを…あ〝あ〝あ〝あ〝痛い痛い痛いィィィ!!!ア〝ッー!ンッ〝ー!」
SS兄貴「お前なんかチンポじゃなくて金属針咥えてればいいんだよなぁ…(eraim@s特有のM調教)じゃ、最後にORのウンコ喰いながら惨めに極太バイブくんで絶頂してよっか、じゃあ。HRKはくさい、HRKはきたない。ORはHBKのとこ行くから。」ブリュリュリュリュリュリュ!!!!!
HRK「キモチイイ…キモチイイよぉ…(精神崩壊)SS兄貴さんのくっさいウンコとオシッコが私と一つになってるよおぉぉ♪もっと乳首とクリを針で突き刺してバイブくん突っ込んでよおおおおっ♪」
SS兄貴「(完全に社会復帰)ダメみたいですね(諦観)近所のDNNくんに売り払ってHBKに貢ぐ為の資金にしなきゃ(使命感)」

あんまり淫夢関係無くなった、訴訟


91 :名無しくん、、、好きです。。。@転載禁止:2014/05/05(月) 19:13:15.84 ID:qr8jGldL
初授業です

SNSI「じゃあみんな二人組作ってハイ、ヨロシクゥ!」

え~やだ~KMOTとなんて組みたくな~いクスクス

KMOT「SNSIやめてくれよ…(絶望)」
HRK「おまたせ!自分も余ったんだけど一緒にいいかな?」
KMOT「ファ!?いいよ…アイドルのAMMさんがORみたいなKMOTと居たら虐められちゃうよヤバイヤバイ」
HRK「全然全然、KMOTくんも同じクラスの友達みたいなもんやし(女神)」
雌豚A「え~HRKなに偽善ぶってんの~そんなキモいヤツと組むなんて~(雌豚特有の残酷さ)」
雌豚B「AMMさんアタマおかしい…(小声)」
雌豚C「アイドル特有のナルシのいい子ちゃんでしょ。イメージがあるからね、しょうがないね」
KMOT「AMMさんもどうせ皆と組んでORをからかいに来たんだろ!いい加減にしろ!」
HRK「ほっとかない!ほっとかないよ!(至言)いつも辛そうに落ち込んでるKMOTくんがずっと気になってたんだよなぁ…KMOTくんは俯いてないで笑ってたらかっこいいじゃんホラホラホラホラ(女神)」
KMOT「あっ…(雄の目)」

~その日の夜KMOTくんはHRKさんでサルのようにセンズリした後優しくしてくれたHRKさんに死にたいほどの罪悪感を感じてEND~

92 :名無しくん、、、好きです。。。@転載禁止:2014/05/05(月) 19:16:11.59 ID:k7Ethq37
最初期のHBKIKMNSSを思わせる雰囲気いいゾ~これ



652 :名無しくん、、、好きです。。。@転載禁止:2014/05/11(日) 09:39:14.30 ID:FaeIm+uB

[83]一生懸命に生きているから、いろんなことがあるんだよね
BY:変態糞リボン
[神奈川/同時募集/KMOT募集/未婚で家族と同居]
自分の気持ちをごまかせないから、傷つくんだよね。
普段は突っ張っているけど、本当は寂しがり屋で甘えん坊のKMOT君いないかな?
生きていればいろんなイヤなこともあるけど、なんとか楽しく頑張って行こうと思っているKMOT君。
ストレスも性欲も溜めすぎは体に良くないよ!
かといってムチャも良くないけどね。 神奈川県の二宮からです。
158・46くらい・17才のばりウケマンコで良ければ、まずはメールから!
よろしくです!
04/03 19:19


92 :名無しくん、、、好きです。。。@転載禁止:2014/05/26(月) 14:03:15.43 ID:t7nQd3f3
初HRTKです

TKN「HRKのウェルカムドリンクうん、美味しいです。」
HRK「お菓子ですからね(糖尿の気)」
TKN「HRKも美味しそうですね…」
HRK「冗談はよしてください。そういうのはHBKちゃんに」ガバッ
TKN「暴れないでください…暴れないで。貴女のことが好きだったんですよ!」
HRK「TKNさん!まずいですよ!CHYちゃん助けて!(必死)」
IOR「(事務所で)なにやってんだアイツら…(覗き)」

その後IORNを巻き込んで三人は仲良く糖尿病になって終了

94 :名無しくん、、、好きです。。。@転載禁止:2014/05/26(月) 14:15:46.51 ID:2JL3moR8
なんでTKNに襲われるだけで糖尿になるんですか(正論)

HBKはトロピカルな味がしそう

95 :名無しくん、、、好きです。。。@転載禁止:2014/05/26(月) 14:26:08.21 ID:G5qZgA3a

>>92
HRK「最悪な日…ウェルカムドリンク飲ませてあげたのに興奮したTKNさんにレ○プされるし…お尻もOMNKもガバガバにされちゃうし…」
AM「そんくらいで?」
MM「HRRNなんて765プロの愛液便所でいいんだ上等だろ!」
CHY「私もふたなりTNPに精液溜まっちゃってさぁ~よしHRK!ケツを出しなさい!」
RTK「PとのSEXとHRKを犯すのは別でしょ。765プロはHRKを犯すことで団結得ているんだからHRKはPとラブラブになろうなんて考えを放置しないわよ。」

~レズ&バイ組は幸せにHRKをふたなり精液便所にして終了~

96 :名無しくん、、、好きです。。。@転載禁止:2014/05/26(月) 14:45:53.79 ID:y1mYXPoX

>>95
AZS「やめようね(怒)」


427 :名無しくん、、、好きです。。。@転載は禁止:2014/06/19(木) 17:16:19.26 ID:Xdhsn7aL

KMOT「リョナ最高!YYIの内臓最高!」
HRK「KMOTくん何見てるの?えっ何これは(ドン引き)」
KMOT「俺ってかなりSっ気強いんすよね。(ワイルドなORを見てHRKさんは俺にメロメロ。はっきりわかんだね)」
HRK「ごめん…ちょっと気持ち悪いよ…申し訳ないんだけどこれからちょっと距離を置いていいかな?」
KMOT「クゥーン…(仔犬)」
HRK「じゃあ私、HBKSS兄貴さん達と渋谷に買い物行くから」
KMOT「あああああああああああああ!(発狂)」

HRKさまですらリョナは見放したもう

428 :名無しくん、、、好きです。。。@転載は禁止:2014/06/19(木) 17:23:45.23 ID:ZwDDKrZV
生命を冒涜するリョナは神であるHRKさんはもっとも憎む所だからしょうがないね
リョナラー共はHRKさんに塩の柱にされて、どうぞ

429 :名無しくん、、、好きです。。。@転載は禁止:2014/06/19(木) 17:26:38.73 ID:lHb+91UE
スカトロ本でも同じ反応だと思うんですがそれは…(困惑)

430 :名無しくん、、、好きです。。。@転載は禁止:2014/06/19(木) 17:35:27.50 ID:6tBpr0La
HRK神「えぇ…?AVのウンコなんてどうせカレーかチョコでしょ(なぜか詳しい裏事情)」


504 :名無しくん、、、好きです。。。@転載は禁止:2014/06/20(金) 14:33:32.07 ID:c//uWOO9
実話です

HRK「Pさんに捨てられんだよ、Pさんに捨てられてんだよなぁお前のせいでよお、なぁ!(倒置法)」
「なぁ、どうしてくれるんだよ、なぁ 」
TKG社長(すいません)
「すいませんじゃなくてよおなぁ!ちょっとお前来いよ、なぁ!
いやがってないで!なぁ!どうすんだよなぁ!?てめえのシーズン目標が糞なせいでよぉなぁ!
PさんがHBKちゃんばっかりPしてるんだよなぁ!!!」
TKG(すいません)
「オイ!すいませんじゃねーよオイ、なぁ
お前よ、こんななぁ、采配やってたらなぁ、オイ
どっかのRONによおなぁ、PさんをNTRれるとか考えねえのかよ、なぁ」
「考えたってよなぁ、お前なぁ、NTRされるなとか思うだろなぁ、普通よお」
「馬鹿かオイ、なぁ お前どうするんだよこれなぁ
お前、アレか?なぁ、自分だけ責任とってこれ(Pさんの事は)はほっとくか?なぁ
なぁオイこれどうすんだよ(Pしてもらえてない期間)長かかったんだよ、 なぁ」
「ファン数、大事に育てたんだよ!なぁオイ」
「なぁ、これぇ!見ろよこれぇ!なぁ
この無残にレベルだけ高いHRKさんの姿よォ、なぁ、オイ!」
「お前、なぁPしてもらえない期間自力で育てたんだぞぉ、なぁ
どうつぐなっ、償うんだよ、なぁこっち来いよなぁ、なぁ!」

505 :名無しくん、、、好きです。。。@転載は禁止:2014/06/20(金) 14:45:57.51 ID:9BDitFPo
虐待おじさんと化したHRKさんはヤンデレすぎるからやめろ


849 :名無しくん、、、好きです。。。@転載は禁止:2014/06/24(火) 17:43:00.86 ID:a+AEUXRP

プロデューサーさんゎね 本当ゎHBKSS兄貴さんだったんだよ
低ランク頃ゎ 可愛がられてプロデュースされたHRKだけど
なぜか961プロからHBKが移籍してきた
したら HBKに夢中になっちゃった!ってSSが始まったんだ
それでHRKゎぐれて教祖になったんだ
HRK教でゎKMOTをたくさん引き連れていたけどね
SS兄貴さんとは一行しか話せずファンに無個性って弄られて
一人になると毎日泣いてた レズに走ろうとしたら
年長の運命の人教徒にイジめられて しょっちゅう説教をされてた
運命の人の大切さを一時間語られたり 同性愛の無意味さを諭されたり
だから落ち着ける場所がなくてそれでHBK達の遊び仲間に入ったんだ
SS兄貴がいるから全てが忘れられる 一緒に出かけるのが大好きだった
でもってなるべく早くに集合して皆で飯食って
夜になると終電がやって来て深夜に一人でいたりすると警察に捕まるから
そっと事務所に入って寝たりしてた。
そんな時にメンヘラモードのCHYちゃんに出会っちゃったんだよそれゎまたあとで話すけど
HBKのことゎ ずっと心底、大嫌いだった
だから友達なんて絶対認めたくなかったし SPの頃も嫌いだった
けどね、 IKMNと付き合うようになって、SS兄貴さんが恋愛成就することが無くなって
急に思ったんだよ
最初の低ランクの頃ゎ 大事にしてくれた
だから私の愛でお返ししなきゃってね!
だからORは酔いつぶれてENDしてた時に 初めて思った。
SS兄貴さん、プロデュースやめちゃだめだよ!!
絶対に!! HRKが絶対に側にいて あげるからねって

850 :名無しくん、、、好きです。。。@転載は禁止:2014/06/24(火) 17:50:24.04 ID:JkZ4+Jr6
HRK is Saint (感涙)

851 :名無しくん、、、好きです。。。@転載は禁止:2014/06/24(火) 18:05:32.16 ID:wKynB0u+

>>849
いい改変だ…(感涙)


562 :名無しくん、、、好きです。。。@転載は禁止:2014/07/03(木) 15:53:21.38 ID:g5VzgMqs
負け犬兄貴みたいにさ、HRKさまに必死に救いを願うSSは面白そう…面白そうじゃない?

565 :名無しくん、、、好きです。。。@転載は禁止:2014/07/03(木) 16:22:21.17 ID:bDBirwyF

>>562
OR「彼女欲しいなあ…HRKさま助けて!」
HRK「大丈夫ですって安心してくださいよ~そんなに辛いなら私がデートしてあげますね。少しでも支えてあげたいんです。だって、私はAMMHRKだから(聖女)」
OR「やっぱり…HRKさまの慈愛を…最高やな!」
HRK「あ、HBKちゃんから電話だ。ちょっと待っててくださいね!え?今日?ちょっと用事が…え!?HBKSS兄貴さんも?(上ずり)やっぱ出席ですよ!出席!じゃけんお台場行きましょうね~」
OR「あ~HRKさまとのデート楽しみだな~HRKさまとセックス!した時に即発射しないように抜いておかなきゃ(使命感)」
HRK「すいませんがデートはキャンセルです(アンニュイ)ちょっと仕事が入りまして…」
OR「なら仕方ないね(血涙)良かったらまた…誘ってください」
HRK「おかのした。(今日でSS兄貴さんと恋人になるのでもうORさんとデートはないです)」

HBK「あっ…IKMNくん…(雌の目)」
HBKSS兄貴「あああああああああああああああああ!」
HRK「SS兄貴さん!私と付き合いましょう!」
HBKSS兄貴「俺HRKと付き合わないよ。HBKと付き合う」
HRK「クゥ~ン」

OR「今日HRKさまと話せた事オカズにして抜きますよ~抜く抜く…ヌッ!」

566 :名無しくん、、、好きです。。。@転載は禁止:2014/07/03(木) 16:26:12.25 ID:U4ye8AHI

>>565
いいTNPのSSだ…(恍惚)
リズム感がクッソ上手いんだけど何かSSでも投稿してたの?

568 :名無しくん、、、好きです。。。@転載は禁止:2014/07/03(木) 16:31:01.60 ID:xRSZ2MQ3

>>565
登場人物皆クズで草
これくらいのクオリティで書きたいんだけどな~俺もな~


179 :名無しくん、、、好きです。。。@転載は禁止:2014/07/11(金) 08:56:30.07 ID:73PdkR7N
じゃあHRKIKMNSSとIORIKMNSSも書こっか、じゃあ(ゲス顔)

180 :名無しくん、、、好きです。。。@転載は禁止:2014/07/11(金) 09:09:54.09 ID:fvVHtvnW
HRKIKMNSSってこうですかね?
HBK「あっ、IKMNくん…(雌の目)」
HBKSS兄貴「もうこうなったらいつも甘えてくるHRKに慰めてもらいますよ~…するする…HRKこっち来いよオラァ!」
HRK「は?(威圧)」
HBKSS兄貴「HRKの癖になんやその態度…社長に電話してプロデュース解除させてもらうね?」
HRK「KMOTのHBKSS兄貴さんなんてどうでもいいわ♀(レ)あっ…IKMN2さん…(雌の目)」
HBKSS兄貴「ファッ!?捨てないでくださいなんでもしますから!」
HRK「許してもらえる訳がな~い(ヒゲクマ)もうIKMN2さんに処女奪われたしま、多少の屑の切り捨てはね?」
HBKSS兄貴「あああああああああ!!!!」

185 :名無しくん、、、好きです。。。@転載は禁止:2014/07/11(金) 09:41:39.10 ID:+GZcRtj7

>>180
HBKSS兄貴はHBKにフラれたくらいじゃHRKさんには振り向かなそう


672 :名無しくん、、、好きです。。。@転載は禁止:2014/07/17(木) 13:03:28.88 ID:thr41V9n

>>660-663
初飼育SSです

HRK「あーほんといい信徒だねぇ~KMOT達ね~(HGKM)シャワーの時間だからもっと腰を突き出してホラ!」
HBK「HRKァ、こいつらを洗うってそれマジ?TNPに恥垢溜まってて臭すぎだゾ・・・」
HRK「不浄のモノを清める女神の仕事の一つってそれ一番言われてるから、KMOT達がくっさいTNPビンビンに振り回してらっしゃるよ、清めてさしあげろ(女神)」
HBK「しょうがねぇな~(悟空)」

>>660「ハッハッハッハッキャインキャイン///」
HBK「誰がTNPを太ももにこすりつけていいつったコラァ!?悪いKMOTはお仕置きだどー!?」
HRK「まま、そう怒らないで、女神の私達はKMOTには慈愛の心を持って接しm」

>>661「キャイン//(顔射)」
HRK「は?(威圧)下賤なKMOTが私に顔射するなんてお前ら死にたいんですか?(無慈悲)HBKちゃんこいつら殺っちまいますk」

>>662-663「アオーーーーンアオーーーーン!!!!ハッハッハッハッハッハパンパンパンパン
HBK「おっぶぇ!?(イマラチオ)HRK助けて!何だかKMOTに犯されてるゾぉ・・・・アンッアンッアンッアンッアンッアンッアンッアンッアンッアッ~~!(甲高い声)」
HRK「ダメだやっぱ(諦観)、じゃKMOTは死のうか、ん?う、羽毛!?」
OR「アアン↑アンッアン↓アンッアアン↑アアッンアッ↑アッ↑アッ↓アッ↑アアン↑アンッアン↓アンッアアン↑アアッンァ↑アッ↓アッ↑アオンッ↑アオッ↓アッオ↓(高速ピストン)」
HRK「嫌よぉ・・・KMOTに犯されちゃうなんて嫌よぉ・・・///やっぱりKMOTのTNPには勝てなかったよ・・・///(完堕ち)」

~その後OR達KMOTは精力を吸収した女神HRKとHBKの2人の魔力によって骨の欠片も残さず消し飛ばされてEND


910 :名無しくん、、、好きです。。。@転載は禁止:2014/07/20(日) 22:59:02.97 ID:j/EvyzjK
>>180を踏まえたHRKNTRSSです

HBKSS兄貴「ノリでああああああ!!!とか言ったけどHRKが幸せならま、ええわ。それよりHBKHBK…また飲んだくれてENDして忘れなきゃ(使命感)」

HRK「新効果!大発見!SS兄貴さんは明らかに嫉妬してたし嫉妬煽り路線は脈アリですよ!脈アリ!悲しいかな、少しずつこうやって、関係が進んでくんやで。」

HBKSS兄貴「ビール!ビール!AKBNPから教えてもらったマティーニ!」
???「何やってんですかSS兄貴さん~私も仲間に入れてくださいよ~」
HBKSS兄貴「今日はいっぱい飲むぞ~」

HBKSS兄貴「クォクォハ…そうか、飲み過ぎて泊まったな(名推理)」
KTR「おはよ↑お世話になってます。昨日は…最高でしたよ(恍惚)」
HBKSS兄貴「あっ…全裸のKTRさん…(察し)やっちまったぜ。(投稿者:変態糞SS作者)」
KTR「もう逃がさねぇからなぁ~お前いつやんだ挙式よぉ。危険日に中出ししやがってよ~両親に(彼氏できたって)言うぞ。」
HBKSS兄貴「気が早すぎるっピ!とりあえず普通のお付き合いからで許してください何でもしますから!」
KTR「どうしよっかなぁ~ダメだ。責任取れ。私の婚期も掛かってるからよ。事務所で交際宣言してもらおうかじゃあ。」

HRK「実は嘘って言って安堵して私に依存するSS兄貴さん楽しみだな~私勝ちました!私勝ちました!」
HBKSS兄貴「あ、HRK?OR、KTRさ…KTRと結婚前提で付き合うことに事になったから(棒読み)」
HRK「うそですよ…(震え声)」
KTR「いや、全然全然。SS兄貴と私はファミリーみたいなもんやし。たまひよ買わなきゃな~今日は。HRKちゃんも遠慮しないで式来て、介添人やってみろよ。」
HRK「君が為 尽くす心は 水の泡」


198 :名無しくん、、、好きです。。。@転載は禁止:2014/07/25(金) 13:04:42.73 ID:M1WT4bCr

心の傷を負ったYYI「うっ↑うー↓……もう男の人はいやかなーって(PTSD)」
女神HRK「いいよ来いよ!胸に飛び込んで胸に!」
YYI「はぇ~すっごい温かくていい匂い……私の心の傷がどんどん癒やされていきますよ!」
          なか
女神HRK「じゃあ私の体内でいっしょになろうねぇ…(ねっとり)」
YYI「まるで天国みたいだぁ(直喩)」

YYIは女神HRKの中で永劫の安らぎを得て終了

199 :名無しくん、、、好きです。。。@転載は禁止:2014/07/25(金) 13:12:58.93 ID:gzNWx1NK
おう、もんむすくえすと並の消化ENDやめろや


211 :名無しくん、、、好きです。。。@転載は禁止:2014/08/07(木) 15:20:16.94 ID:HwvnpbYF
どうやってHBKSS兄貴とHRKさんは結婚したんですかね…?
多分酒に酔っ払ったSS兄貴を介抱しようとしたらSS兄貴にレイプされたと思うんですけど(さかハリHRちゃんルート並感)

216 :名無しくん、、、好きです。。。@転載は禁止:2014/08/07(木) 16:36:21.55 ID:1W1a8oH+

>>211
初さかハリHRちゃんルートです
TKG社長「オールスターライブを成功だったことだしみんなでうち上げすっかな~私もな~」
KTR「じゃけん今日の夜たるき亭貸切ましょうね(貧乏事務所並感)」

AMMM「兄C、お酒ついでやるよおう、グラスあくしなよ」
SS兄貴「しょうがねえなぁ~…おっぶえ!?(嘔吐)」
AMMM「やったぜ。やっぱテキーラくんとスピリタスくんのカクテルを…最高やな!」
AZSさん「allah~(天啓)HRKちゃんが事務所までSS兄貴さんを介抱して終わりでいいんじゃないかしら?」
HBK「そうだゾ(便乗)」

HRK「ヨッシャ…エイシャア…悲しいかな、せっかく二人っきりなのにロマンチックじゃないねんな(諦観)」
SS兄貴「やりたい。HRKァ、とりあえず脱げ(意味不明)」
HRK「ファッ!?ちょっとSS兄貴さん乳揉まないでくださいよ!ちょっと!本当に!」

SS兄貴「HRKすき。HRK愛してる。ドームでお別れした時からずっとすき。」
HRK「そんな事言われたら体許したくなっちゃうじゃないですかぁ…///でもダメダメダメダメ!酒に酔っ払ってただヤリたくなってるだけですよ!いい加減にしてください!(相思相愛を願う乙女の鑑)」
SS兄貴「ORは今の気持ちを大事にしたい、ハッキリわかんだね、じゃあオラオラ脱げやオラァ!」
HRK「はい…(即落ち)」

CHY「二人とも大丈夫かしら…ん?磯臭っえな…事務所(ファブリーズ)ん?」
HRK&SS兄貴「フウン!ホオン!ォウ、オォン!アォン! ハァ、アッ、アッ、アッ、アッ、アッ、アッ、アッ、アッ、アッ、アッ…」
レイシストAZS「あっ…やっと…結ばれたんやなって…(感涙)
KTR「何やってんだこいつら…(怒)OBSNの事本気で怒らせちゃったねえ!」
HBK「なんだやっぱりSS兄貴はHRKを愛してたんじゃないか!(祝福)」
IOR「コイツら私達にも気づかずナマ挿入してるんですがそれは大丈夫なのかしら…?」

AKBNP「多分SS兄貴くんは明日今日の事を全く覚えてないと思うんですけど(名推理)

~事務所で公開ナマSEXを行った二人は一発ツモで孕み結婚不可避ED~

217 :名無しくん、、、好きです。。。@転載は禁止:2014/08/07(木) 16:45:05.82 ID:HwvnpbYF

>>216
内容は一緒なのに人間の鑑のTKMくんと人間の屑のSS兄貴じゃ全然違うんだよなぁ…


229 :名無しくん、、、好きです。。。@転載は禁止:2014/08/07(木) 19:35:35.28 ID:saqlr8qI

SS兄貴「クォクォア・・・?ああ、事務所でやられたなあ(推測)」
精神崩壊HRKさん(以下HRKさん)「おはようございますSS兄貴さん(マジキチスマイル)」
SS兄貴「ちょっと待って、身動き取れないやん!」
HRKさん「医療用ベッドを改造したSS兄貴さん専用のベッドなんですよ、寝心地はどうですか?」
SS兄貴「ああ^~いいっすね~・・・じゃなくてどうして僕を拘束して困らせるんですか」
HRKさん「だって、SS兄貴さんが暴れたりしたら危ないじゃないですか」
SS兄貴「えっ何それは(危険予知)」
HRKさん「これから私とSS兄貴さんが一生いっしょにいるために必要な『儀式』を始めるんですよ(暗黒微笑)」
SS兄貴「あれ~おかしいね~?HRKの手に武器みたいなものが見えるね~?(現実逃避)」
HRKさん「言葉で言っても分かってくれないみたいなので、これから私の覚悟を行動で示しますね」

木材の伐採にでも使いそうな大きな鉈をSS兄貴の右の太ももに振り下ろすHRKさん

SS兄貴「あああああああああああああああああああ痛いいいいいいいいいいいいいいいいいい(SNJリスペクト)」
HRKさん「あれっ?意外とっ!難しいですねっ!AKBNPさんはっ!簡単にやってたのにっ!」

HRKさんは手にした巨大な刃物を何度も振り下ろしSS兄貴の右脚を切り落とした

HRKさん「あはっ、上手にできました」
SS兄貴「どぼじでごんなごどずるのぉ・・・(ゆ虐)」
HRKさん「だから言ったじゃないですか、一生いっしょにいるって。これからは私がSS兄貴さんの足のかわりになってあげますよ。
       欲しいものがあったら取ってきてあげます、行きたい場所があれば連れて行ってあげます。だから足なんて必要ないですよね?」
SS兄貴「んん・・・マ゚ッ!」

次は左足ですよ、一回やったから次はもっと少ない回数で済むので安心してくださいね
その次は両手、私がSS兄貴さんの手のかわりになってあげるからやっぱり必要ないですよね?
食事のたびに「あーん」してあげますよ、男の人はそういうのが好きなんですよね
次は両目、いつも私がいっしょにいて、見たものを全部言葉で伝えてあげます
次は両耳・・・あっ両方潰したら私の言葉が聞こえないですよね、片方は残さなきゃ
歯も全部抜いて『うっかり』自殺なんてしちゃわないようにしますね
あとは……

230 :名無しくん、、、好きです。。。@転載は禁止:2014/08/07(木) 19:39:41.67 ID:9czA74h3
いいハッピーエンドやこれは…(恍惚)

231 :名無しくん、、、好きです。。。@転載は禁止:2014/08/07(木) 19:41:18.22 ID:0B9Wqz9z

>>229
いいゾ~これ


310 :名無しくん、、、好きです。。。@転載は禁止:2014/08/08(金) 18:49:05.32 ID:6lcT87SL

RTK「RYUGUはなかったことになるし、HBKはIKMNにべったり、TKNはTNP生やしてるし、他にも…765プロはまともな娘がいないのか(偏見)」
HRK「疲れてるんですよRTKさん、お茶でも飲んでください」コトッ
RTK「ありがとうHRK、ゴクゴク…」ドサッ(中野くん並のスピード睡眠)
HRK「さぁ、女P解体ショーのはじまりですよ!はじまり!」

無印PにフラれたHRKは女PとなったRTKを性の捌け口にして終了

312 :名無しくん、、、好きです。。。@転載は禁止:2014/08/08(金) 18:55:30.19 ID:IAl/7TCv

>>310
お風呂屋に勤務してるRTKもまともな娘じゃないだろ!いい加減にしろ!


868 :名無しくん、、、好きです。。。@転載は禁止:2014/08/16(土) 13:52:35.54 ID:byJce4N4
帰省中なので初投稿です

HBKSS兄貴「あーマジめんどくせーせっかく休みなのに実家帰ってこいって何だよ(哲学)」
HRK「すいません付いてきちゃって…両親が海外旅行中で留守番なのに鍵を無くしちゃいまして…エヘヘ」
HBKSS兄貴「だからといって何でORの実家に来る必要があるんですか(正論)着いたぞ。こ↑こ↓」
SS兄貴母「お、息子か?遅い遅い。親への気遣い甘えんだよ。連休初日に帰ってくる位の勢いでIKEA」
HBKSS兄貴「だから親戚に説教されんのうぜえって言ってんじゃねえかよ。俺は俺のやりたいようにやるだけだよ。」
SS兄貴母「無理だと思うけど彼女はできましたか?ん?何このかわいい子は(驚愕)」
HRK「はじめまして!いつもHBKSS兄貴さんにお世話になってます!私天海春香です!」
SS兄貴母「あら^~こんな素敵な彼女ができて母さんうれしい…うれしい…上がって、どうぞ。」
HRK「彼女だなんて…もう!お義母さんのバカぁ~」
HBKSS兄貴「は?(威圧)だから彼女じゃねえって言ってんじゃねーかよ。聞いてんかかーちゃん?お~い」
SS兄貴母「これが幼稚園の入園式の息子ね。ママと離れたくないとか言って泣き入ってるよ~」
HRK「チョーかわいい~」
HBKSS兄貴「やめてくれえ…(悲痛)アルバム引っ張り出すのはやめロッテ!」
SS兄貴母「それがこんな子になっちゃって…母さんさみしいわぁ~」
SS兄貴父「HRKちゃんは礼儀正しくてかわいいしお菓子作りが趣味とかまるで百恵ちゃんみたいだ…(直喩)」
HBKSS兄貴「俺は色黒で元気で八重歯で動物好きな子が好きです(半ギレ)」
SS兄貴母「良かったわHRKちゃん来て~よかったらうちの子と一緒になって義理の娘になりましょうぞ。」
HRK「あ^~いいですねー」
HBKSS兄貴「あのさぁ…ORの意思が入ってないやん!主婦のOBSNはゴシップにしか興味がないのか(偏見)」

SS兄貴はHRKさんに冷たくする度両親から叱りのメールが届くようになりEND

869 :名無しくん、、、好きです。。。@転載は禁止:2014/08/16(土) 14:00:02.92 ID:gY1CwXq0
SS兄貴父にHRKさんが寝取られる展開まだ時間かかりそうですかね~?

870 :名無しくん、、、好きです。。。@転載は禁止:2014/08/16(土) 14:03:20.50 ID:oFCP7Gvz
SS兄貴の家庭こわれる


585 :名無しくん、、、好きです。。。@転載は禁止:2014/09/06(土) 20:16:31.65 ID:u10OAJju
だれか姫騎士と化した765AIDLネタでSS書いてくれよな~頼むよ~

587 :名無しくん、、、好きです。。。@転載は禁止:2014/09/06(土) 20:33:48.20 ID:xBDU3n0J

>>585
姫騎士HRK「敵軍の捕虜になっちゃいました…くっ、殺してください!」
O-Kくん「なんで人間を凌辱しなきゃいけないんですか(正論)人間のボスのとこ連れてくからつべこべ言わず来いホイ!」
姫騎士HRK「あぁ…きっとそのボスに凌辱されちゃうんだ…ぐちょぐちょにされてダブルピースさせられちゃうよ…」
O-K「ボス。おはよ↑お世話になります。敵の姫騎士を捕らえてきました」
???「ようやった!それでこそORの部下や!じゃけん報酬与えますね~これでO-Kの娼婦でも買いや。」
O-Kくん「ありがとナス!」
ボスことHBKSS兄貴「じゃけんHBKとお付き合いから始めて恋仲になりましょうね~ファッ!?これHBKじゃなくてHRKだよ(怒)」

姫騎士HRKは手も触れられず領地に送り返されてEND


727 :名無しくん、、、好きです。。。@転載は禁止:2014/09/08(月) 13:57:26.06 ID:xSky+W8l
HRK「私を性的な目で見る人ひで。汚すとかレイプとか凌辱妄想する人たると。しね(悪堕ち中)」

728 :名無しくん、、、好きです。。。@転載は禁止:2014/09/08(月) 14:05:45.25 ID:wOXDjta8
HRKさまの反発刻印(LV3)たまってんなぁ、オイ(eraim@s並感)
じゃけん秘貝開帳とフェラさせまくって屈服の球集めましょうね~(ゲス顔)

736 :名無しくん、、、好きです。。。@転載は禁止:2014/09/08(月) 17:04:58.95 ID:Yq9bea5m

>>727

>>728
初ウチのHRKさまです(eraim@s)
SS兄貴「母乳とビデオ禁止プレイでここまできたけどやっぱダメだ。HRKァ、今日もコンサート(意味深)な。特殊チケットでハイ、ヨロシクゥ!」
HRK「今度こそもう騙されませんよ(怒)HBKちゃんが入ってから一切調教してくれなくなったじゃないですか!(反発係数LV3)やですよ、おう」
SS兄貴「お前(連続両穴フィストで)死にたいのか?(威圧感)ハァーーーーマジめんどくせえ、じゃあ脱げや」
HRK「やだ!やだ!小生やだ!チンコ噛みきりますよ!」
SS兄貴「うるせえ(クリキャップ、二プルキャップ、バイブ、アナルバイブ装着)じゃOR『なにもしない』から」
HRK「ンンッ… マ゜ッ!ア゛ッ!↑
(失神、四 重 絶 頂、8倍の珠が得られます)」
SS兄貴「娼婦の屑がこの野郎…HRK教でウチは収入得ているんだからプレイヤーは否定の珠見逃すなよ(メタ)」

~HRKさまは一度もSS兄貴とSEXしてもらう事なく傾城にされて終了~

737 :名無しくん、、、好きです。。。@転載は禁止:2014/09/08(月) 17:20:52.69 ID:yKPPkOXq
悪堕ちしてもSS兄貴に絶頂させられて集団売春不可避なHRKさまに(チンポから)涙が出、出ますよ…


235 :名無しくん、、、好きです。。。@転載は禁止:2014/09/16(火) 19:15:20.55 ID:DKIVl2lK
HRKが最強AIDLのRONに立ち向かうSS初投稿です☆

HRK「下克上ですよ下克上!トップオブトップのRONさんの首を取ればSS兄貴さんもきっと私の事を…デュフフフ(ヨダレ)」
RON「おっAMM、君か!相手になろうかかってこ~↑い(王者の風格)」
HRK「じゃあオラオラ来いよオラァ!」

HRK「駄目みたいですね…(ダブルスコア)」
RON「君あきらめるの早すぎないかい!?」
HRK「ぜってー諦めねー私はAMMHRKだから!じゃあMKさん、オッスお願いしま~す!」
RON「人に頼っていくのか…(困惑)」
MK「えぇ…MK眠いし気が乗らないの」
HRK「ふざけんな!一人はみんなの為に!MKは私の為に!あたりまえだよなぁ!?…(オニギリチラチラ)」
MK「MKやっちゃうよ?やっちゃうよ?RONさんには死んでもらいます(覚醒)」

MK「ゥーン(完敗)」
HRK「可愛いくて一途で天才肌なだけかお前は!ほんまつっかえですね!」
RON「あの…もういいですかね(帰りたい)」
HRK「敵前逃亡ですよ!敵前逃亡!トップオブトップの沽券に関わるな~コレは、ばらまきますよこの野郎!」
RON「じゃあ次は誰と…(辟易)え…なにあれは?空から凄い勢いで何かが…」
HRK「あれはHALO降下…やっとCHYちゃんが間にあったんやなって…(感涙)」
AKJ兄貴「(お ま た せ)(真打ち登場)(剣牙虎)(バキュラ)(空飛ぶメンヘラレズ)」
RON「なんか見当違いの方角に落下して行ったけどそれは大丈夫なんですかね…」
HRK「あああああああああ」

HRKは泣きの一番の相撲で勝負するも櫓投げで壮絶パンチラ負けを喫して終了


236 :名無しくん、、、好きです。。。@転載は禁止:2014/09/16(火) 19:17:43.90 ID:0zHpk9Vh
初HRKSS兄貴登場です

AKBNP「新シーズンになったからアイドルの担当を君たちPには変わってもらうから(唐突)HBKSS兄貴はHBK、IKMNは専属Pが留守の間IORを担当するように」
HBKSS兄貴(以下SS兄貴)「マジかよAKBNP一生付いてきます(忠誠)」
HBK「IKMNくんと離れるなんて嫌だゾ・・・AKBNPひどスギィ!」
IKMN「それだとHRKちゃんが誰も担当が居ないんですがそれは大丈夫なんですかね・・・?」
AKBNP「HRKには新採用のPが担当するから。HRKSS兄貴くん、入って、どうぞ」
HRKSS兄貴「フヒッ☆今日からHRK(唐突な呼び捨て)を担当させてもらうHRKSS兄貴ですフヒヒ。よろしくお願いさしすせそ(激寒)」
IORN「えっ、なにこいつは(ドン引き)TKG社長がHRK教徒司祭をスカウトした・・・?たまげたわね・・・」
SS兄貴「え、それは・・・(困惑)ちょっとHRKがさすがに可哀想・・・可哀想すぎませんか?」
AKBNP「これは決定事項だから。HRKSS兄貴くん、この場に居ないHRKを迎えに行って差し上げろ」
HRKSS兄貴「かしこまり!(激寒)」

SS兄貴「おいHRKァ!コーヒー持って来・・・あっ・・・もうHRKのPではないんやなって(喪失感)」
HBK「さっきはいきなり昼飯の弁当持ってこいだなんていうしHRKに依存しすぎなんじゃないですかね・・・?」
IORN「さっきまではあんなにHRKから離れられてすごくウレシイ・・・ウレシイ・・・なんて言ってたじゃない(呆れ)」
SS兄貴「ちょっとだけ様子見に行きたい・・・見に行きたくない?いや別にHRKの事なんて好きじゃないよ!?(レ)」

HRK「ウゾダドンドコドーン・・・オンドゥルルラギッタンディスカ・・・SS兄貴さん・・・」
HRKSS兄貴「ソーナノ。HRKちゃんは捨てられたからボクが来たんだよなぁ・・・OR知ってるんですよぉ~SS兄貴先輩がHBKちゃんを好きだってぇ~?(ゲス顔)」
HRK「HBKちゃんに嫌われろ。仕事も失え。SS兄貴がどんだけ恵まれた環境にいたか後悔しろ(腐女子並感)潰してやる。SS兄貴きらい(悪堕ち)」

SS兄貴「やべえよ・・・やべえよ・・・おいそこのKMOTァ!HRKに何吹き込んでんだオラァン!?」
HRKSS兄貴「無駄だよ、HRKちゃんの心は私の「HRK愛してる」という言葉でしか反応しなくなったのだ(平野店長)」

こんな設定のSS書きたくなったから投稿しました、またこのネタで投稿するんで無視するなりパクってくれたりしてもOKです(小声)

237 :名無しくん、、、好きです。。。@転載は禁止:2014/09/16(火) 19:22:08.69 ID:7sfeyWKu

>>235-236
えっ、何このSSの落差は(唖然)


311 :名無しくん、、、好きです。。。@転載は禁止:2014/09/17(水) 19:46:45.04 ID:XULZM3UI
2回目の初投稿HRKSS兄貴です

OR「おいHRK嘘だよな・・・?OR達ずっと頑張ってきたんだから許してくれよな~頼むよ~」
HRK「絶対に許さない、顔も見たくない。二度とこの世界にいられないようにしてやる!(悪堕ち)」
OR「ふざけんな!(逆ギレ)ORがHBKの事好きだって知ってたはずのクセになにが悪堕ちだォォン!?ORもHRKを潰してやるよ、おう」

HRKSS兄貴「ままま、そう痴話喧嘩しないで。HRKはもうORのモノだってはっきりわかんだね。HRK愛してる(直球)」
HRK「は?(威圧)貴方殺されたいんですか?貴方はORさんをアイドル業界から抹殺する為の私の下僕ですよ!下僕!」
HRKSS兄貴「強情な方だぁ・・・もうこんなにストレートに気持ちを伝えられてトロ顔になってるじゃないですかぁ~?(ゲス顔)」
HRK「ORさんを抹殺できたら考えてやりますよ、おう(体を許すとは言っていない)」

OR「なんやねんあのHRKの態度・・・あ~ホンマむかつくわぁ・・・HBKをPできて嬉しいはずなのになんやこの気持ち・・・」
CHY「おい、かっぱえびせん(怒)お前男として聡しくないの?」
OR「いや別にHRKの事は好きじゃないよ!?ORはだってHBKの事が好きだってCHYも知ってるダルルォ?」
CHY「じゃあなんでこんなに拗ねてるのか私には理解に苦しみますね(アンニュイ)」
OR「HRKとORは互いにTDN代償行為を演じてたに過ぎないんだよなぁ!他のIKMNやHBKと違って純愛じゃないつまらない存在なんだよなぁ!(逆ギレ)」
YKH「それは違いますう!代償行為から生まれる真実の愛もあるはずだよ、当たり前ですよねぇ?」
IOR「YKHはよう言うたわ!それでこそYKHや!」
AZS「最初からの気持ちを貫かなきゃ愛じゃないっていう風潮、私もきらいじゃないけどすきじゃないわ~?TDNの初モノ信仰ですよ~?」
OR「オレハ・・・もうHBKIKMNSS兄貴じゃない・・・HRKの事が好きなだけのタダのORなんやって・・・」
CHY「そうだよ(便乗)決められた設定なんてぶち壊してこれから毎日SS紡ごうぜ?(チャ)」

~SS兄貴改めORはHRKとの真実の愛に気づきあともうちょっとだけ続くんじゃEND~

色々ホモ達を不安がらせたレスも見ましたがたとえこのスレに偉大なる先人ホモのHBKIKMNSS兄貴達がいたとしてもHRKへの愛を貫いたSSを書きたい
それだけは真実を伝えたかった。すみません!センセンシャル!

312 :名無しくん、、、好きです。。。@転載は禁止:2014/09/17(水) 19:58:53.11 ID:JEV5Pkts
HRKSS兄貴は自分自身だったという展開なのか…(困惑)
HBKIKMNSSの挑戦はスレで流行った設定を全否定するから難しそう、がんばれ、がんばれ(伊東ライフ)


584 :名無しくん、、、好きです。。。@転載は禁止:2014/09/21(日) 19:46:54.84 ID:r2e3npY9
HRKがオーバーランクRONと果敢に戦うSSの続編初投稿です☆

HRK「リベンジですよ!リベンジ!今回は勝ちますよ~勝つ勝つ もはやRONちゃんに逃げられる場所なんて無いんだよ…」
RON「おっAMM…また君かぁ壊れるなぁ…ん~ まぁいいよ!こいよ!」

HRK「ウーン アーイタイイタイオナカイタイ(言い訳)」
RON「おっ大丈夫か大丈夫か?アタシ陀羅尼助もってるよ(聖人)」
HRK「惨めだから私に優しくしないでください!今日も助っ人を用意してるんです!油断したな!」
TKN「この辺にぃ美味なおまんじゅうが落ちているらしいとHRKから聞いたのですが…(キョロキョロ)」
HRK「TKNさん!あの女ですよ!あの女!ゴニョゴニョ」
TKN「貴女ひとのものを…(レ)たっぱあまで持参したこっちの都合も考えてくださいませんと(怒)調伏して差し上げます!」
RON「えぇ…君、精神状態おかしいよ…」
HRK「怒らせちゃったねー?TKNさんの事、本気で怒らせちゃったねぇ!(ゲス顔)」

TKN「アーイキソ(クソザコスキル)」
RON「お菓子すきかい?(BRG博士)ファンからのもらい物だけど良かったらどうぞ」
TKN「粋スギィ!(籠絡)」
HRK「何しにきたんですかこの人!」
RON「じゃあ今日はもう終わりっ!閉廷!」
HRK「体力勝負やしなぁ…相手は満身創痍だってはっきりわかりますね うん おいしい!(策士)」
CHY「おまたせ、ぱぱぱっと勝って…終わりっ!」
HRK「CHYちゃん、いつの間に!?そして生きた鳥を何羽も身体に縛り付けるファッションがセクシー…怖い!(ドン引き)」
CHY「じぇじぇじぇじぇ私は鳥みたいなもんやし(意味不明)」
RON「君が…KSRGくんだね…!評判は聞いてるよ、ナカナカヤルジャナイ!(お世辞)」
CHY「いや…そんなこと(照れ)もう…ばか~(腹パン)」
HRK「おっヴぇ!(昏倒)」
RON「君の歌に対する真摯な態度…見習わなきゃな~ATSもな~(ホメ殺し)」
CHY「んあー(歓喜)RONさん!コレ差し上げます(弱った鳥)よかったらお話でもしましょうぞ」

TKNはお菓子を、CHYは茶飲み友達を得、HRKは路上で寝て風邪をひいて終了

585 :名無しくん、、、好きです。。。@転載は禁止:2014/09/21(日) 20:06:02.34 ID:BbAjMTjn
TKNの粋スギィでもう草まみれや


69 :名無しくん、、、好きです。。。@転載は禁止:2014/09/27(土) 23:00:20.79 ID:uiVp4DeE
RONvsHRKのSS初投稿です☆

HRK「アサルトですよアサルト!!こ↑こ↓があの女のハウスですね…(MYZKTM)」
HBK「はぇ~すっごい高そう」
HRK「今日はね・・・あのー私の・・・すごい大切な、作戦の決行日なんで」
HBK「はい」
HRK「奮発してHBK君に来てもらったんで」
HBK「はい」
HRK「是非いい活躍期待してナス!じゃあ闇に乗じて後ろからバッサリだ!」
HBK「そんなことしたらIKMNくんに怒られちゃうだろ!」
HRK「おっ窓開いてんじゃ~ん(ほっかむり)ハイルハイルハイル ヌッ!(ドンガラ)」
RON「あい?なして電気ついてんの?お!お前なにサやってだオイ!」
HRK「みつかっちゃっ…た!って誰ですかこの眉無しスウェット女!ここはRONちゃんの家なのに不法侵入ですよ不法侵入!」
RON「アタシがRONのんだばって…泥棒だな?仮面ライダーなんだべ!?(マウントポジション)」
HRK「すいませへぇ~ん (なんてね)HBKオッスお願いしまーす」
HBK「じゃあ自分ギャラもらって帰るから」
HRK「ああっ逃れられない!ケツとかは…勘弁してくださいね」
RON「あい?AMMだばねか?」
HRK「面が割れてるのは有名アイドルだからねしょうがないね」

TKN「バァン 警察です!枕を…抱えて!?(先走り)」
HRK「違うんです!この人とはえっと…アメフトォ部の友達で…(大嘘)」
RON「えっ…ともだつ……って…」
TKN「嘘付け絶対嘘ですわぞ(重言)」
RON「そうだて!このひどはアタシの友達のんだて!都会サ出でやっど友達ができたんだのって…(感涙)わりわり ねまながねまなが 今、お茶ば用意すらかきや~」
HRK「うぅ…ポイテーロ!この謎の東北弁女!(逃走)」
RON「もうけぇるの?また遊びサきてきゃ~」

HRKは謎の友達から野菜が送られるようになってEND

71 :名無しくん、、、好きです。。。@転載は禁止:2014/09/27(土) 23:15:09.00 ID:cAhsjmgi
RONまでHRK教徒にしていくのか…(困惑)


474 :名無しくん、、、好きです。。。@転載は禁止:2014/10/05(日) 08:01:11.56 ID:+hz1yxL6

AZMNYKH「よぉし、この女はおまえたちにくれてやりますぅ。好きにしてくださぃ!(OZ)」
ODSSN達「さっすが~、OJUSNは話がわかるッ!(ゲス顔)」
ライバルAIDL「さわらないで…… …お願い、やめて……(絶望)」

489 :名無しくん、、、好きです。。。@転載は禁止:2014/10/05(日) 12:14:59.73 ID:ftJCfrOL

>>474
SS兄貴「お、HRK大丈夫か?大丈夫か?」
HRK「 私をどうするつもりなんですか」
SS兄貴「どうするって 、迎えに來たんだろ。つべこべ言わずこいホイ!」
HRK「私はHRK教の女神ですんで。 あなたのアイドルじゃありませんから」
SS兄貴「 何行言ってんだ。お前は俺の担当アイドルだルォォ?ずっと一緒にやってきたじゃないか。お前はORにとって大切なアイドルであることにはかわりないつってんじゃねーか」
HRK「ウソですよ!!じゃ、どうして私を好きになってくれないんですか? どうして一緒にいてくれないんですか!
SS兄貴「お前と頂点に行くために、ORらはプロデュースやってんだ!そのためにはHRKの力が必要なんだよ!!(大胆な告白)ORらと行こう(提案)ORとのコンビなら煌めきの向こう側に行けるってそれ言われてるから。」
HRK「ひどいッ!SS兄貴さんもHRK教団のように私を利用したいだけなんですね!!私は 、私は女神なんかになりたくないッ!!なのに 、なのに、HRK教もあなたも私の力を利用しようとするんですね!もう、たくさんですよッ!」
SS兄貴「お、落ち着けって…」
HRK「いいんです、もう 。ごめんなさい、プロデューサーさん。(自害)」
SS兄貴「HRKッ!!」誰かッ! 誰かッ、来てくれッ!!ライダー助けて!」
HRK「迷惑かけて ごめんなさい。」
SS兄貴「HRKッ!!ああああああああああ!(発狂)」

490 :名無しくん、、、好きです。。。@転載は禁止:2014/10/05(日) 12:30:28.79 ID:PDP4DuP6>>489
リセットして「ORはHRKを愛してる!」を選択すんだよ。あくしろよ。
まあHRKさんなら自害してもエンジェルナイトに転生できるから余裕でしょ(狂信者)


79 :名無しくん、、、好きです。。。@転載は禁止:2014/10/28(火) 06:05:58.95 ID:rBxjjQ2j
HRK教を信ずればエボラなんて克服ってそ一言
HRKさまの愛液は万病に効く甘露なんだよなぁ(信徒並感)

83 :名無しくん、、、好きです。。。@転載は禁止:2014/10/28(火) 07:05:16.40 ID:VII+fJH/

>>79
全世界のエボラ患者を救うためにはHRK様に愛液を常時垂れ流していただく必要がありますね…
あ、さ、バイブ刺しっぱなしにしといて、ハイ、ヨロシクゥ

85 :名無しくん、、、好きです。。。@転載は禁止:2014/10/28(火) 07:29:09.43 ID:k2EyY3Ki
HRK「いや~三体以上に分裂するのはキツイっす…これ以上のオナニーはキャンセルです(SP並感)…おっぶえ!?」
HRK教徒「HRKさま?いかがされましたHRKさま?全世界の患者を救う為にはクッキー☆と水を大量に摂取しながら極太バイブくん突っ込んでもらいませんと」
HRK「膀胱とOMNK壊れる!壊れる!」
HRK教徒「HRKさま一体からこれしか愛液摂れないのか…(絶望)ピコハンで叩いて増やさなきゃ(使命感)

86 :名無しくん、、、好きです。。。@転載は禁止:2014/10/28(火) 07:59:52.94 ID:rBxjjQ2j
HRKSNは水かければ増えるけどHRKさんが増える理由は不明なんだよなぁ…じゃあOR、水着HRKさん選択するから(バッドED)


72 :名無しくん、、、好きです。。。@転載は禁止:2014/11/15(土) 22:52:25.47 ID:eli/Wogu
パラレルワールドのダークHRKさんです

SS兄貴「HRK、ORの仕事の電話無視とかあなた大変な事しちゃいましたね~もう許せるぞオイ!」
HRK「あ、SS兄貴さん…(無関心)」
SS兄貴「何だそのすわわっ!(低音)マジむかつくぅ~(ギャル)」
HRK「いや全然全然。もうSS兄貴さんは私の担当じゃなくなったんでファミリーじゃないし。」
SS兄貴「は?それってヤバい意味じゃないだろうな?」
HRK「オリジナルのHBKSS兄貴さんが帰ってきたから…もういらないんですよあなたは。(暗黒微笑)あの人はKMOTじゃないし今はHBKの方見てるけど一途だし。」
SS兄貴「フザケンナ!僕の事馬鹿にしてるの?僕は馬鹿なの?僕は馬鹿じゃない!僕は馬鹿じゃない!(レイプ準備)」
HRK「ハァー(クソデカため息)なんだってあなたは即ぶちこむとかそういう根性がないんですか?私に挿れたいならお別れで一発だけやらしてあげますよホラホラ。」
SS兄貴「お、あああ…」
HRK「うっわwこのTNP萎えてるよ~すっごい情けない…KMOTは女の子がちょっとHなところを見せただけで萎えるのか(呆れ)」
SS兄貴「クゥ~ン(子犬)」
HRK「女子高生になじられて勃起するのか…(困惑)まあやらせてあげるってのも最初からうそですよ(笑)見ててあげるから窓際行って…シコってください。イキたい時は手上げて。」
SS兄貴「グスン(涙目)」
HRK「飛びすぎィ!私にかかりそうになったじゃないですか(怒)うっわ!くっさいですねオイ!じゃけんこれから私の50m以内接見禁止ですからね~」
SS兄貴「HRK姫ぇ~待って…待って…(ビオランテ)」
HRK「やだよぉ(笑)良く言われた事お返ししますけどSS兄貴さんはオリジナルHBKSS兄貴さんの代わりみたいなもんやし。じゃあ私、いつもの皆で集まるから」

その後SS兄貴はMに目覚めHDBU兄貴のS春香の同人誌をオカズにするようになりEND

73 :名無しくん、、、好きです。。。@転載は禁止:2014/11/15(土) 23:18:33.08 ID:nB4sIg+I
ダークサイドに堕ちたHRKさんもええやん…
パラレルって事で反KMOTと化したHRKさんとリベラルAZSさんの普段と逆の立場の対決もハイ、ヨロシクゥ!


401 :名無しくん、、、好きです。。。@転載は禁止:2014/11/22(土) 08:13:25.28 ID:GsxTYVEj

>>399
HRK「やってくれましたね、AZSさん…
よくわたしのORさんとのラブラブ路線への夢を見事に打ち砕いてくれました…
ORさんの精液反応がありませんね…あなたたちが犯したんですか?
どうやったのかは知りませんが、これはちょっと意外でしたよ…
それにしても、あと一息のところでORさんが非童貞になってしまうとは…
KTRさんには残念でしたが、わたしはもっとでしょうか…

はじめてですよ…
このわたしをここまでコケにしたKMOTさん達は……
まさかこんな結果になろうとは思いませんでした…

ゆ…
ゆるさん…

ぜったいゆるさんぞKMOTども!!!!!
じわじわとなぶり犯しにしてくれる!!!!!
ひとりたりとも逃がさんぞ覚悟しろ!!! 」

402 :名無しくん、、、好きです。。。@転載は禁止:2014/11/22(土) 08:43:23.23 ID:OGvudnlv
HRーザ様は草生えるからやめロッテ

403 :名無しくん、、、好きです。。。@転載は禁止:2014/11/22(土) 08:45:33.33 ID:7gqYJ/VN
なんでAZSさんのせいでKMOTが嬲られる必要なんかあるんですか?(正論)
パワーインフレしたAZSさんはKMOT化していた…?


119 :名無しくん、、、好きです。。。@転載は禁止:2014/12/03(水) 08:06:46.02 ID:AkVqXUFB

HRK「ずっとずっとずっとずっとずっとずっとずっとずっとあなたと一緒に いてあげる
きっときっときっときっときっときっときっときっとあなた宇宙一 幸せモノね
ずっとずっとずっとずっとずっとずっとずっとずっと
あなたと一緒に いてあげるって
二度と二度と二度と二度と二度と二度と二度と二度と、もう逃げ出そうなんて思わない事ね…(ガンギマリ)」


120 :名無しくん、、、好きです。。。@転載は禁止:2014/12/03(水) 08:17:12.95 ID:ehXy0Ciw民主HRK共和国刑法

第一条
HRKノ告白ヲ拒否シタル者ハ銃殺トスル
第二条
HRKノ告白ヲスルーシタル者ハ銃殺トスル
第三条
HRKノ告白ニ回答セザル者ハ銃殺トスル
第四条
其ノ他HRKノ告白ニ対シ不誠実ナ対応ヲセシ者ハ銃殺トスル
特ニHRKノ告白ノ最中ニ不誠実ナ態度ヲセシ者ハ銃殺トスル
第五条
HRKノ告白前ニ配偶者又ハ婚約者及ビ交際相手ヲ作リシ者ハ無期労働刑トスル
但シHRKノ告白ヲ受ケタ後コレラ一切トノ関係ヲ一生絶チタル際ハ刑ヲ免除スル


162 :名無しくん、、、好きです。。。@転載は禁止:2014/12/03(水) 19:45:43.09 ID:haA0jV6r

エゴエゴHRK「ホントにもう、捜したじゃない♪突然いなくなる(HBKIKMNSS)んだもん♪
私一人(告白断ったら)にしといたら♪すぐにどっかにいっちゃうぞ♪(ストーカー)
ID変えていたのなら私にだけは教えといて♪デブ専CHYちゃん、HBKちゃん、IKMNさん♪
みんな心配してたわよ♪
ホモスレひらいて、性癖捜して
一覧、コスプレ、送受信書き込み
画像も同人もERGネタも(ミテマスヨーミテマスヨーのワの)
自宅割り出して、家にあがって
手紙(HBKへのラブレター)、通帳、卒業アルバム(HBK似の同級生に精液付着)
本棚(薄い本)、押入れ(TENGA)、ベッドの下(オシゴトアフター)まで
パソコン立ち上げ、ブラウザ確認
キャッシュに履歴、ブックマーク(真夏の夜のアイマス保管庫)
ローカルディスクの動画(HBKコスプレAV)も検索
ミテマスヨー ミテマスヨー
ミテマスヨー ミテマスヨー

見せなさい♪見せなさい♪
見せなさい♪見せなさい♪

見せろ!見 せ ろ !見  せ  ろ  !見   せ   ろ   !
見    せ    ろ    見     せ     ろ     !       見      せ     ろ       !    
私に射精(だ)せ!射精(だ)せ!射精(だ)せ!射精(だ)せ!

163 :名無しくん、、、好きです。。。@転載は禁止:2014/12/03(水) 19:54:48.45 ID:T0y5P0Gv

えっ何この改変は…(恐怖)


184 :名無しくん、、、好きです。。。@転載は禁止:2014/12/04(木) 03:46:35.76 ID:aOHfVGM1

あの日ORとHRKは些細な事でケンカをしていた。
険悪なままHRKはロケバスで仕事へ行った。ORはHBKに会ってHRKの愚痴を言いまくってた。
そしてHRKの仕事が終わる頃にメールを送った。
相変わらず内容は、私よりHBKちゃんの方が大事なんですか、もっと私を側においてほしいとくだらないやりとりだった。
そのうちHRKから返信が来なくなったけど、ケンカ中だったし何にも気にも止めなかった。
1時間くらい経ってHRKの携帯から電話がかかってきたんだ。
ORはわざとめんどくさそうに出た
「はい。」
そしたら受話器の向こうからは、HRKじゃなくてCHYの声で
「プロデューサーのせいだ!!」
「プロデューサーが殺したんです!」
とか、凄い勢いで怒鳴っていた。
俺が訳もわからず戸惑っていると、今度は落ち着いた男の人に代わった。
彼女は、ロケ中に崖に正面からすっ転んで、死んだ。
「おそらくロケ中のメールが原因の不注意による事故でしょう」
電話の向こうで、たぶん担当Dだと思われる落ち着いた男の人の声でそれを聞かされた。
放心したまま電話を切ると、ORの携帯が1件のメールを受信しました。
それは事故直前のHRKからのメールでした。
「なんか意地はっちゃってごめんなさい。もしもアイドルを辞める日が来たらその時h」
ORはHRKのご両親からひどく避けられ、お葬式にも顔を出させてもらえなかった。
まだHRKに…
「ORの方こそごめん」
って、返信出来てないんだ。
言いたかった。ごめんって言いたかった。
そしてホントなら、今もずっと一緒にいたかった…。

186 :名無しくん、、、好きです。。。@転載は禁止:2014/12/04(木) 06:19:20.71 ID:2FlZxVcT

>>184
携帯でメールしてるのに「その時h」ってなるのはおかしいと思った(小並感)

187 :名無しくん、、、好きです。。。@転載は禁止:2014/12/04(木) 06:39:06.64 ID:Auy3Htkc
WindowsMobile機なんでしょ。(昔持ってた並感)

191 :名無しくん、、、好きです。。。@転載は禁止:2014/12/04(木) 08:02:57.47 ID:Eu1Srr7X

あの日ORとHRKは些細な事でケンカをしていた。
険悪なままHRKはロケバスで仕事へ行った。ORはHBKに会ってHRKの愚痴を言いまくってた。
そしてHRKの仕事が終わる頃にメールを送った。
相変わらず内容は、私よりHBKちゃんの方が大事なんですか、もっと私を側においてほしいとくだらないやりとりだった。
そのうちHRKから返信が来なくなったけど、ケンカ中だったし何にも気にも止めなかった。
1時間くらい経ってHRKの携帯から電話がかかってきたんだ。
ORはわざとめんどくさそうに出た
「はい。」
そしたら受話器の向こうからは、HRKじゃなくてCHYの声で
「プロデューサーのせいだ!!」
「プロデューサーが殺したんです!」
とか、凄い勢いで怒鳴っていた。
俺が訳もわからず戸惑っていると、今度は落ち着いた男の人に代わった。
彼女は、ロケ中に崖に正面からすっ転んで、死んだ。
「やはり大勢で糞まみれになると最高やで。こんな、変態親父と糞あそびしないか。
ああ^~早く糞まみれになろうぜ。
岡山の県北であえる奴なら最高や。わしは163*90*53,おっさんは165*75*60、や
糞まみれでやりたいやつ、至急、メールくれや。 土方姿のまま浣腸して、糞だらけでやろうや。」
電話の向こうで、たぶん担当Dだと思われる落ち着いた男の人の声でそれを聞かされた。
放心したまま電話を切ると、ORの携帯が1件のメールを受信しました。
それは事故直前のHRKからのメールでした。
「なんか意地はっちゃってごめんなさい。もしもアイドルを辞める日が来たらその時h」
ORはHRKのご両親からひどく避けられ、お葬式にも顔を出させてもらえなかった。
まだHRKに…
「ORの方こそごめん」
って、返信出来てないんだ。
言いたかった。ごめんって言いたかった。
そしてホントなら、今もずっと一緒にいたかった…。

192 :名無しくん、、、好きです。。。@転載は禁止:2014/12/04(木) 08:07:13.79 ID:ZCjGgNx9
何のコピペ!?(ラカン並感)

193 :名無しくん、、、好きです。。。@転載は禁止:2014/12/04(木) 08:18:04.11 ID:QOxdB01U
どんな悲しいコピペも変態糞親父が入った瞬間に例のBGMが脳内に流れて草が生い茂るからやめろ


323 :名無しくん、、、好きです。。。@転載は禁止:2014/12/06(土) 21:06:25.24 ID:Cuwf5k+I
今日は規制で携帯から書けなくてイラついたので純愛HRKSSです

SS兄貴「なんだこの過疎!?(驚愕)起床ォ!レスしろ20時だぞ!(届かぬ想い)」
HRK「まったく返事がない・・・私達飽きられたってばハッキリわかんですね・・・もう私アイドル引退していいすか?」
SS兄貴「えっそれは・・・(焦り)暗い暗い暗いドントクライ!ウソだよ・・・」
HRK「やだ!これ以上SS兄貴さんにフラれるのやだ!アイドル辞める!どうせ過疎なんだからこのスレでSEXしてもバレへんか(超理論)」
SS兄貴「設定が壊れる!壊れる!(メタ)ン”ッ!・・・ん”ん”ん”ん”ん”ん”!!!!!(ガッツリディープキス)」
HRK「チュパッ!NTRMKに童貞奪われてクヤシイ・・・クヤシイ・・・わたし知ってるんですよ・・・なんでわたしの事がキライなのにずっと一緒に居てくれるんですか・・・」
SS兄貴「HRKを好きっていったらアイマス終了するだろ!終了するだろ!ホントは一番HRKを愛してるっていい加減きずけよ・・・HRKすき、愛してる」
HRK「じゃあ誰も居ないけどクッソ過疎なホモスレ中に私達のSEX!見せつけてやりましょうか(泣き笑い)」
SS兄貴「うるせえ(照)チュパッチュパ・・・HRKのOMNKとっても甘いな・・・ベタつかなくてスッキリとした甘さだ、甘ちゃんなだけに糖尿病なのかな?」
HRK「チュパッチュパッ・・・SS兄貴さんもKMOTなだけにすっげえTNP臭いじゃないですか・・・これじゃHBKちゃんに好かれるワケないんだよなぁ・・・」
SS兄貴「ああ・・・今まで禁じられてたHRKのOMNKにORのくっせえTNPハイルハイル・・・挿入っっちゃったあ!ん?お前処女か!?(驚愕)」
HRK「ああっ!もっと乱暴にしてくださいオルルァ!HRK教徒なんてそんなビッチ設定いらない!もっとぐちゃぐちゃにしてえっ!ふえええええん!!!!」
SS兄貴「あれっ・・・ORも泣けてきちゃったヤバイヤバイで・・・オラァン((泣)こっちはどうなんだよこのクソビッチがぁ((泣)」
HRK「ほしいよっーー!SS兄貴さんのポジ種ほしいよっーー!おまぁんこ!おまぁんこ!わたしはあなたのものぉっ!(SVA)」
SS兄貴「オラオラポジ種一発上がってきたぜ!オラ孕め!孕め!孕め!アイドル引退しろや!ポジ種で引退しろ!」
HRK「おまんこきむち・・・おまんこきむちぃ!孕む!んあっーーーーーー!!!!」

~その後HRKとORは幸せに結ばれて終了~